田中角栄一覧

「フジ最年長女子アナ」西山喜久恵が昇格、誰もが認める「他にない人柄」

 視聴率低迷が続くフジテレビで夏の人事異動(7月1日付)が話題になっている。西山喜久恵アナウンサーがゼネラルアナウンサーに昇格する。1992年入社、55歳になった。  何かとネガティブな話題が多いフ...

エンタメ

岸田文雄は足元にも及ばない歴代総理との「致命的な差」(3)「そろそろ進次郎では」と水を向けると…

 離党前の世耕弘成前参院幹事長(61)に、「国民が期待するリーダーの姿を示せていない」と苦言を呈された岸田総理。対して、強烈な個性で先陣を切ったのは、72年に就任した田中角栄氏だ。  豊富な知識と行...

ライフ

「池田大作と自民党」知られざる蜜月50年(2)公明党議員が中国で極秘折衝

「2人の池田」が池田勇人の死去後しばらく経ってからの発言であり、両者の年齢も30歳近く離れていたことで、「あれは噓だ」「元総理との仲をアピールしたくて風呂敷を広げている」と断じる永田町関係者は少なくは...

ライフ

「池田大作と自民党」知られざる蜜月50年(1)「信濃町の2人の池田だ」

 公明党と自民党との連立政権が成立したのは99年のこと。現在の協力関係はそこから始まったかに思えるが、実際には先ごろ亡くなった創価学会・池田大作名誉会長が公明党を結党する以前に築かれていた。巨大宗教団...

ライフ

伊藤惇夫「理念なき“スライム総理”が軽々と決断する危うさ」/岸田文雄「総理就任582日」を総括する(1)

 これまでの岸田さんの動きを見ていると、21年10月の総理就任後はひたすら安全運転。何も決めない、何も打ち出さないという政治姿勢から「検討使」というあだ名がついたほどです。しかし、22年夏の参院選で大...

ライフ

【大型連載】安倍晋三「悲劇の銃弾」の真相〈第5回〉(4)6度の国政選挙を連戦連勝

 第二次安倍政権における安倍総理の外国訪問回数は八十一回。八十の国・地域を訪問し、のべ百七十六の国・地域を訪問した。総飛行距離は百五十八万千二百八十一キロメートルとなり、地球を約四十周した計算だ。 ...

ライフ

100代目の総理誕生に思い出したい歴代の名言・失言・珍言

 激烈な総裁選を経て、岸田文雄・内閣総理大臣が誕生した。伊藤博文を初代に、明治・大正・昭和・平成・令和とつないで、ちょうど100代目である。その船出から「論功行賞政権」など外野の声も厳しいが、かつて先...

ライフ

「角栄流」で政権を操る二階俊博“闇将軍”の素顔「オレは勝ち馬に乗る」

「ポスト安倍」レースがスタートするや、瞬く間に「菅義偉総裁」の流れを演出。すると雪崩を打ったように各派閥が「菅支援」を表明し、投開票を待たずしてほぼ決着をつけてしまった。総裁選をリードし牛耳る「闇将軍...

ライフ