体育会系女子アナ「健康色香」が止まらない(3)テレ朝・安藤萌々「胸が激揺れ」アクシデント

 日テレ・忽滑谷アナと「スポーツ番組の顔」を争うライバルが、同期の石川みなみアナ(26)である。同局スタッフが明かす。 「石川アナも幼少期からスポーツに親しみ、ランニング、水泳、ボルダリングなどスポ...

エンタメ

ゼレンスキー大統領「弱者の兵法」5カ条(3)侵攻される前から戦力を蓄えていた

 戦時下で見事なまでの異能ぶりを開花させるゼレンスキー大統領。しかし、戦禍に備えた危機管理能力においても優れていたという。国際ジャーナリストの山田敏弘氏はこう指摘する。 「いかにゼレンスキーが優れて...

ライフ

長嶋茂雄×野村克也「実録ライバル史」(10)「契約しないならば飛び込んで死にます

 野村克也にとっても、57年は大きな飛躍の年になった。プロ入り4年目、22歳にして30本塁打を放って、初のタイトルである本塁打王を獲得した。前年は7本塁打だった。  野村は「ずっと試合に出してもらえ...

スポーツ

体育会系女子アナ「健康色香」が止まらない(2)TBS・佐々木舞音「3000m級を踏破した」下半身

 一方、TBS・佐々木舞音アナ(24)はアスリート系でも珍しい正真正銘の登山アナだった。  同局関係者が語る。 「先日、『ラヴィット!』で披露した『ギャル私服』が話題になるなど、女子アナ界では珍し...

エンタメ

ゼレンスキー大統領「弱者の兵法」5カ条(2)要求は具体的「武器をくれ」

 軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏もその異能ぶりに目を見張る1人だ。 「ここまでの善戦ぶりからみても、戦時下でのリーダーシップが際立っているのは間違いない。確かに情報の発信がうまいが、それ以上に海外...

ライフ

長嶋茂雄×野村克也「実録ライバル史」(9)「プロに入る前に人間を作ってもらう方が先だ」

 1957年11月3日、文化の日だった。午後1時35分、明治神宮野球場で東京六大学野球・立教大学対慶応大学2回戦のプレーボールがかかった。  0対0で迎えた5回裏、立大4年・長嶋茂雄が先頭打者として...

スポーツ

日本代表サポーターに負けてない! 長濱ねるの「ゴミ拾い」にも脚光

 11月23日、サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグE組の日本は、初戦で強豪ドイツに歴史的な勝利をあげた。代表チームだけでなく、日本人サポーターによるゴミ拾いも大絶賛された。  ド...

エンタメ

体育会系女子アナ「健康色香」が止まらない(1)フジ・松﨑涼佳「黒い小島瑠璃子」のバキバキ腹筋

 いよいよ、こたつから出られなくなる季節が訪れた。それでも、各局の体育会系美女アナたちは元気、元気! 全集中で振りまく「健康色香」が、厳しい寒さを吹き飛ばさんばかりなのである。  今、テレビ業界でア...

エンタメ

ゼレンスキー大統領「弱者の兵法」5カ条(1)世界から10兆円をかき集めた

 柔よく剛を制す、とはよくぞ言ったもの。占領下から奪還した南部の州都へルソンからロシア軍が命からがら遁走。9月の東部ハルキウに続き、ウクライナ軍が反転攻勢を強める一方なのだ。今や「張子の虎」と化したプ...

ライフ

「助っ人は無名と出戻り!?」中日発表に肩透かしも立浪監督の「ドミニカ視察」成果はあった

「な〜んだ、アルモンテか?」と、中日ファンのため息が聞こえてきそうだ。  中日が新加入の外国人選手2人を発表した(11月22日)。今季はメキシカンリーグ・モンテレイでプレーしていたオルランド・カリス...

スポーツ

1 2 3 4 1,300