ビジネス一覧

新型コロナで「コミケ」初の開催中止、真っ先に倒産が危惧されたのは…

 5月のゴールデンウィークに開催が予定されていた「第98回コミックマーケット」(以下コミケ)が新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、史上初となる開催中止が決定。これに同人誌の製本をする印刷所の倒...

ビジネス

「どんなときもWiFi」通信障害でユーザーを激怒させたお粗末な対応とは?

 テレビCMでもお馴染みのモバイルWi-Fiサービス「どんなときもWiFi」で通信障害が発生し、復旧に4月上旬までかかることが明らかにされたが、運営会社グッド・ラックの利用者への対応が「あまりに雑」と...

ビジネス

公衆電話に銀行ATMも!「幼稚園」の雑誌付録がすごいことになっていた

 幼児向けでもあるにもかかわらず、むしろ「大人がハマる!」とバズってるのが、小学館発行の月刊誌「幼稚園」の本格付録だ。  4月1日発売の5月号は、高さ30センチの本物そっくりな「公衆電話」の工作...

ビジネス

大阪が「大阪・関西万博」前のカジノ開業を断念した“オトナの事情”

 当初の予定では今年1月にIR(カジノを含む統合型リゾート)の整備区域選定の基本方針が示され、来年1〜7月にはIRを誘致したい地方自治体からの申請を受けるという段取りだったカジノ設置だが、どうやら大幅...

ビジネス

戦国「10大奇襲」秘聞(終)武田信玄が“ボロ負けした戦”

 本能寺の変で光秀が信長を討ったその11日後に、秀吉が3万の兵を率いて約200キロを高速移動し大奇襲。いわゆる「中国大返し」で、大坂と京都の境目にある山崎で光秀の軍と対決する「山崎の戦い」が起こる。か...

ビジネス

戦国「10大奇襲」秘聞(3)豊臣秀吉を操った北政所の「性治力」

 合戦の裏には例外なく政略結婚などで政治に利用された女性たちがいる。戦国のオンナは同盟のための人質、はたまた嫁ぎ先の情報を実家に伝えるスパイとして送り込まれたのだ。  河合氏が言う。 「浅井長政の...

ビジネス

戦国「10大奇襲」秘聞(4)毛利元就「あなたについていきます」のデマ

 名将・野村克也ではないが、かの時代にも戦国IDを駆使し、現代顔負けの「情報操作」「謀略戦」を展開する知将が存在していた。例えば、わずか4000の毛利元就(もうりもとなり)の軍が2万の陶晴賢(すえはる...

ビジネス

戦国「10大奇襲」秘聞(1)織田信長「桶狭間の戦い」は大ウソ?

 戦国を舞台にしたNHK大河「麒麟がくる」が好調だ。その仁義なき時代を彩った「奇襲」こそは、現代のビジネスシーンにも通じる「必勝戦法」である。本誌「真説!日本史傑物伝」やテレビの歴史解説などでおなじみ...

ビジネス

戦国「10大奇襲」秘聞(2)北条氏康が河越で「こんな夜中に戦かよ!」

 相手が何の準備も心構えもなく無防備な状態を狙い、一気に攻め落とす。「まさか、こんな時に‥‥」と虚を突かれた側はどう抵抗したのか。 「『河越夜戦(かわごえよいくさ)』は、こうです。初代の北条早雲が伊...

ビジネス

コロナで需要増!? 美容整形に日本一お金をかけるのは大阪府民だった

「新型コロナウイルスの影響で、にわかに注目を集めているのが整形美容業界。大企業を中心に、次々とオフィスに出勤しないテレワークを導入していますが、長らく会社に顔を出さないということは、整形するチャンスで...

ビジネス

1 2 3 4 29