中国一覧

「高圧外交」中国の強硬姿勢の裏にある驚愕”宇宙支配“シナリオ!

 ワシントンで16日に開かれる菅義偉首相とバイデン大統領との日米首脳会談。当然のことながら、その最重要課題の一つが、中国をめぐる問題だ。  3月には、米軍トップや元政権幹部らが相次いで「中国による台...

ライフ

韓国外交部パンフに「日本は険悪で信じられない民族と誤解される」悪意表現が物議

 元慰安婦や元徴用工の問題で「1965年の国交正常化以後最悪」と言われる日韓関係。問題の多くは文在寅(ムン・ジェイン)大統領の左寄りで反日的な姿勢にあるとされるが、その韓国国内で野党の金起炫 (キム・...

ライフ

ウイグル巡る中国の不買運動のウラに、愛国心を煽る「便乗値上げ」の実態

「H&M。あなたのでたらめに誰も金は払わない」――。  スウェーデンの衣料品大手H&Mが中国新疆ウイグル自治区での少数民族ウイグル族の強制労働を懸念し、世界三大高級綿の一つ「新疆綿」の不使用を表明し...

ライフ

「半導体ナショナリズム」で米中対立が激化!”ホットスポット”台湾が危ない!?

 先進国がコロナのワクチン確保に急いだため「ワクチン・ナショナリズム」と呼ばれるワクチンの囲い込みが問題となっているが、このところ世界的に半導体が不足が続いていることで、こちらも囲い込みの自国優先の動...

ライフ

中国に日本人1億人の「個人情報」が盗まれた(3)日本政府は10年以上も放置

 なんとも空恐ろしいことだが、実はこうした危険性があることは、ずいぶん前からわかっていたという。それゆえ、A氏の会社はすぐにオフショアを取りやめた。同時に、業界にも情報漏洩の観点からオフショアは自主規...

ライフ

中国に日本人1億人の「個人情報」が盗まれた(2)バックドアを設けて…

 A氏によると、日本人の個人情報は「丸裸状態」にあるという。そして中国のやり口を詳細に説明し始めた。例えば、生命保険会社の場合はこんな具合だ。  再委託を受けた現地法人では、中国人たちが日本からPD...

ライフ

中国に日本人1億人の「個人情報」が盗まれた(1)マイナンバーが漏えい!?

 大言壮語が過ぎて失脚した米国前大統領は「中国が米国民の個人情報を盗み取っている」と訴えていた。どうやら、この指摘は大げさではなかったようだ。我が国も同じ脅威にさらされ、すでに日本人の膨大なデータが隣...

ライフ

気鋭の作家が明かす中国“秘密結社”の実態「SNSで共産党の醜聞を暴露」

 コロナ禍や対米関係など、その存在がよりクローズアップされている中国。大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した作家・安田峰俊氏は、近著「現代中国の秘密結社」(中公新書ラクレ)で、隣国の知られざる実情をつま...

ライフ

中国では罰金でも日本ではバブル!? 大食い王が明かした驚愕の月収とは?

 中国における「大食い規制」が日本で大きく取り上げられたのは昨年暮れのこと。「朝日新聞」が《中国、食べ残しを規制へ 大食い動画には罰金160万円》との見出しで報じたのは、検討が進められている「反食品浪...

エンタメ

Clubhouseが中国にもたらした「ネット史に残る瞬間」とその結末

 電気自動車のテスラのトップのイーロン・マスク氏やフェイスブックの創設者ザッカーバーグ氏ら有名起業家や芸能人、セレブなどがいち早くやっていると何かと話題のアメリカ発の音声SNSサービス「Clubhou...

ライフ

1 2 3 4 12