織田信長一覧

戦国武将のグルメ事情「信長のおもてなしスイーツ」「秀吉が虎を食した理由」

 戦場での携帯性と保存性の高い非常食が、「ミリめし」として再び注目されている。歴史家の河合敦氏、戦国芸人・桐畑トール氏とともに戦国時代の食を振り返りたい。鉄砲をはじめ南蛮渡来の文物や文化、さらにキリス...

ライフ

歴史を変えた“戦国めし”を再現「信長は“湯漬け”をかっこんで桶狭間へ」

 少し前に、自衛隊や米軍、韓国軍など世界の軍隊食を「ミリめし」(ミリタリー=軍隊めし)と称して、食するブームがあった。戦場での携帯性と保存性の高い非常食が、コロナ禍の現在、再び注目されている。歴史家の...

ライフ

戦国時代の“お茶ブーム”仕掛け人は信長だった!「領地よりも茶器が欲しい」

「すきもの」は、今日では「好事家」「色好み」と理解されているが、もともとは「数寄者」とされ、茶の湯など風流、風雅に寄せる人のことだった。つまり、数寄者は好き者に通じ、女や物欲のオタクにも通じていたのか...

ライフ

専門家が「桶狭間」「本能寺」を徹底解説!何度も裏切られた信長の“人物像”

 東京アラートが早々に消えたからといって、コロナとの戦いは、まだまだ油断禁物。戦国武将たちが「なかったことにしたい」合戦は、油断によって一敗地にまみれた痛歴史でもある。 「戦の失敗の原因は、戦術や戦...

ライフ

「上司にしたい戦国武将ランキング」徳川家康、織田信長、武田信玄の通信簿

「上司にしたい戦国武将ランキング」を決定するにあたって、全国の20代から60代までの男女各1000人、合計2000人に対してアンケートを実施。「上司力」「尊敬度」「統率力」の3項目の総計を「総合力」と...

ライフ

歴史家と戦国マニアが激論バトル「もしも織田信長が総理大臣になったら」

 お上からは「県をまたいでの移動は控えるべし」とのお触れが出され、我々領民はいつ完全終息するかわからないコロナとの籠城戦を強いられている。この未曽有の危機に、人々はどんなリーダー像を頭に描いているのか...

ライフ

上司にしたい戦国武将ランキング発表!「麒麟がくる」光秀は6位で信長は?

 新型コロナウイルス対策で、「都道府県をまたいでの移動を控えるべし」と、お上からのお触れが出され、我々領民はいつ終わるとも知れない「ステイホーム」の籠城戦を強いられている。各藩藩主(都道府県首長)の対...

ライフ

戦国武将の末裔は今《織田信長》子孫がジャーナリストに!?織田信成は本物?

 織田という名前を聞けば、誰もが思い浮かべるのが織田信長である。  織田家の源流には諸説あり、一説には平家の血を引くともいわれる。だが、当時の武家の多くが源氏か平家かを出自と主張しているので、信憑性...

ライフ

戦国「10大奇襲」秘聞(1)織田信長「桶狭間の戦い」は大ウソ?

 戦国を舞台にしたNHK大河「麒麟がくる」が好調だ。その仁義なき時代を彩った「奇襲」こそは、現代のビジネスシーンにも通じる「必勝戦法」である。本誌「真説!日本史傑物伝」やテレビの歴史解説などでおなじみ...

ビジネス

「麒麟がくる」で注目! 明智光秀7つの誤解(3)ダブルワークに勤しむ商才

 ここでもう一度、光秀の人物像に戻ってみよう。大河ドラマに登場する戦国武将たちは、とかく正室を愛する愛妻家として描かれがちである。生涯側室を設けなかった愛妻家の一面が定説となっている光秀も、通説どおり...

ライフ