ライフ一覧

「危ない眼科治療」本当の常識(4)2万件以上の手術経験医師を選ぶ

 ちなみに、日本で白内障の予防薬として使われているカタリンなどは、もともと肝臓の代謝の薬として考えられたもので、白内障に対する医学的効果が証明された薬ではないというから、これまた驚きである。  せっ...

ライフ

「危ない眼科治療」本当の常識(3)「眼球体操」が絶対NGな理由

 ところで、現代はパソコンやスマホなどで目を酷使しているため眼精疲労を訴える人も多く、「目にいい」とされる商品が人気を呼んでいる。 「家庭の医学書で紹介されている、風景写真を見るとかピンホールメガネ...

ライフ

千円以下、時間無制限も!「飲み放題戦争」がすさまじい

 外食産業の〝飲み放題〟が熾烈なバトルを繰り広げている。千円以下も珍しくなく、時間無制限を謳う驚愕のサービスも登場した。  ファミリーレストランでは、和食さと(サトフードサービス)とバーミヤン(すか...

ライフ

「危ない眼科治療」本当の常識(2)医療法違反行為を平然と…

 昨今では近視が治る手術としてすっかり定着したレーシック手術。中には「日帰りで簡単、格安」をうたったものもあるが、実はこの手術も本来、高度な技術と最先端機器が必要になる。 「レーシック手術で使用する...

ライフ

「危ない眼科治療」本当の常識(1)日本は世界から20年遅れ

 年齢を経るにつれ、次々と衰えや不都合が出てくる代表格が「目」である。それではと眼科へ行けば、技量不足の医師に時代遅れの治療を施され、症状はさらに悪化─。現代眼科医療の驚くべき実情と対策を、世界最高の...

ライフ

天才テリー伊藤対談「小池百合子」(3)テレワーク推進に60億円を用意

テリー 世界が注目している東京オリンピック・パラリンピックに関して、今、どんな取り組みをされているんですか。 小池 私は、パラリンピックこそが東京大会成功のカギを握っていると思っています。ですから、...

ライフ

大活況「婚活アプリ」の落とし穴と“復縁家”の台頭

 草食系流行りで男性の恋愛温度が低めな一方、肉食女子もいて、いずれにせよ相変わらず巷では街コン、婚活・恋活パーティーなど、恋愛産業は活況を呈している。    ところが、婚活・恋活の中身が変われば、...

ライフ

天才テリー伊藤対談「小池百合子」(4)築地に日本を代表する建築物をぜひ

小池 私たち自身の意識も高めるために、都の職員に募集をかけてボッチャチームを作ったんです。「ボッチャ」は〝地上のカーリング〟とも呼ばれる、パラリンピックの正式種目になっている競技なんですが、今、国内に...

ライフ

天才テリー伊藤対談「小池百合子」(1)東京が国に払った税収は10兆円超え

●ゲスト:小池百合子(こいけ・ゆりこ)1952、兵庫県生まれ。76年、エジプト国立カイロ大学文学部社会学科卒業。アラビア語の通訳者や「世相講談」(日本テレビ系)、「ワールドビジネスサテライト」(テレビ...

ライフ

天才テリー伊藤対談「小池百合子」(2)築地は「食」とは別の魅力が欲しい

テリー どうすれば地方が活性化するでしょうね。 小池 昨年、大阪でブロック塀が倒れて、女の子が亡くなる不幸な事故がありましたでしょう。ブロックは、安く簡易に作れることから取り入れた戦後復興の遺産です...

ライフ

1 333 334 335 336 337 338 339