ライフ一覧

高名画家に学ぶ「健康長寿」の必須5カ条(4)ピカソが放った「最期の言葉」

 これらを踏まえ、霜田医師は画家式健康長寿の「5カ条」を勧める。 【1】楽しみを10個見つける  決まり切ったスタイルやワンパターンな思考を持つと、たちまち脳は衰える。逆に新しい経験や知識は脳を刺...

ライフ

高名画家に学ぶ「健康長寿」の必須5カ条(3)65歳で新たな道へ…

 さらに、彼らは作品を描くためには、古今東西どこへでも出かけていった。それも心身を鍛え、脳を活性化させる要因になっている可能性が高い。 「北斎は86歳の時、医師にあてた手紙で日本橋と両国(片道約4キ...

ライフ

高名画家に学ぶ「健康長寿」の必須5カ条(2)脳の解剖で驚愕の若さが判明

 そもそも、画家という職業には定年がない。それも彼らを健康長寿に導いた要因のひとつでは、と霜田医師は指摘する。 「特に男性の場合は定年を境にして燃え尽き症候群になったり、自分の居場所を確保できないと...

ライフ

高名画家に学ぶ「健康長寿」の必須5カ条(1)命のロウソク「テロメア」の長さ

 日本人の平均寿命が50歳を超えたのは1947年。ところが高名な画家たちを見ると、80歳以上は当たり前、90、100歳超えもゴロゴロいる。いったいナゼ? 長生きしたけりゃ画家の生活習慣に学ぶべしと、不...

ライフ

福島原発、台風19号で「汚染物質大量流出」の深刻現場(3)高濃度の汚染水が地下へ流れる

 さらに浮き彫りになるのは、遅々として進まない福島原発周辺の復興だろう。震災から8年が経過してもなお除染が完了しない背景には、台風や大雨が続く秋に続き、寒波や雪などが襲う冬のシーズンは災害復旧に時間が...

ライフ

福島原発、台風19号で「汚染物質大量流出」の深刻現場(2)15年にも「流出騒動」の前例が

 だが、こうした行政の姿勢に疑問を呈するのが、原発問題の取材を続けているジャーナリストの木野龍逸氏である。 「人体には影響のない数値が出たのは事実でしょう。放射能というのは一度、空気中や水中に出ると...

ライフ

福島原発、台風19号で「汚染物質大量流出」の深刻現場(1)「3.11よりしんどい」の本音

 日本列島を縦断した台風19号は、福島第一原発をも直撃。大きな爪あとを残した。だが、大雨被害に見舞われたにもかかわらず、その実態はほとんど報じられていない。そこで「過酷被災地」を徹底取材。するとズサン...

ライフ

ニッスイ「いわし水煮」回収で“さば缶”からの乗り換えファンもカッガリ

 日本水産は10月29日、「ニッスイいわし水煮」の一部に缶詰が膨張しているものが見つかったとして、約5万5000缶を自主回収すると発表した。加工工場で加熱殺菌後に菌などが混入したことが原因とみられてお...

ライフ

1 2 3 4 5 6 48