高校野球一覧

「戸郷のせいだ…」高校野球のネット裏でスカウト陣の嘆き節が聞かれたワケ

「2020年甲子園 高校野球交流試合」も終わり、8月23日に都道府県別の独自大会も終了した。  開閉会式はその試合を戦った2校だけ。例年なら白系の夏服で埋めつくされるはずのスタンドは、ガラ空き。ブラ...

スポーツ

出版界を襲った“渡部ショック”、「甲子園本」酷評で「グルメ本」もお蔵入り

「タイミングが悪すぎたかもしれません。6月下旬に渡部さんが甲子園関連の本を出版したのですが、書店でもあまり見かけませんし、大手通販サイトの『amazon』でも、ブックレビュー欄には酷評するコメントが掲...

エンタメ

執行猶予満了でもグラウンドに立てない!? 清原に立ちはだかる「球界包囲網」

 4年前の春季キャンプ時に球界を揺るがせた「番長」の執行猶予が満了した。薬物治療の道すがら第二の人生を高校野球にささげることを訴えるが、球界内でもはや手を貸す者は少ないという。本格的な球界復帰に立ちは...

スポーツ

高野連も興味を示した仙台育英式「球数制限メソッド」とは

 101回目の夏の甲子園大会は、大阪代表・履正社の初優勝で幕を閉じた。 「センバツ大会で敗れた星稜・奥川恭伸にリベンジを」の思いを果たした同校の奮闘に拍手が送られたが、日本高等学校野球連盟(以下=高...

スポーツ

松坂と投げ合った甲子園がピーク?日テレ・上重聡アナの人生シーソーゲーム

 全国高校野球選手権も大詰めを迎えているが、テレビ界でも甲子園を沸かせた元球児は少なくない。もっとも印象的な選手の1人と言っても過言ではないのが、日本テレビの上重聡アナウンサーだ。  上重アナは強豪...

エンタメ

高校野球に新問題!女子マネージャーが打つノックの是非とは

 連日、熱戦が繰り広げられている夏の甲子園大会。今夏は14校が出場を果たすなど公立校の躍進が目立つ。令和の怪物・佐々木朗希が予選で消え、新元号の最初の夏は大激戦となりそうだが、新たな難題が浮上した。球...

スポーツ

張本とダルビッシュの論争、居酒屋での支持率は「張本の圧勝」だった!?

 野球解説者の張本勲氏と、現役メジャーリーガー・ダルビッシュ有投手との舌戦が激しさを増している。事の発端は高校野球岩手県大会の決勝で、大船渡高校の佐々木朗希投手が登板を回避してチームが負けたこと。予選...

スポーツ

大船渡・佐々木朗希の登板回避で披露した長嶋一茂の持論が支持されたワケ

 元プロ野球選手で現在はタレントの長嶋一茂が、7月26日放送の「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)に出演。物議を醸している高校野球岩手大会決勝で大船渡の佐々木朗希投手が登板しなかったことについ...

スポーツ

大船渡高校・佐々木朗希投手の「決勝戦登板回避」で地元は侃々諤々

 徹夜で並んだファンも「ウソでしょ?」、テレビの前に陣取った地元の応援団やお爺ちゃんお婆ちゃんも「えっ?」「あらま」と声を失ったという。  各地で行われている、夏の高校野球選手権の地方大会。その中で...

スポーツ

桑田真澄氏、スポーツ庁参与就任で着手する高校野球の「球数制限」

 春の甲子園、センバツ大会が3月23日に開幕。ピッチャーの球数制限を巡る問題が再燃しそうだが、そのルール化については元巨人・桑田真澄氏がキーマンとなりそうだ。桑田氏が今年度のスポーツ庁参与に選ばれたか...

スポーツ