競馬一覧

「万馬券もホイホイ獲れた!?」稲村亜美、七夕願掛けの絶大パワー

 タレントの稲村亜美が7月7日、ツイッターを更新。「今日七夕か〜 短冊にお願いごと去年もしてないし今年もしてないな」と、ポツリとつぶやいた。これに対して《僕は、亜美さんの幸せを祈ります》《そっか、残念...

エンタメ

3大ジョッキー「買ってはいけない」新常識(3)福永祐一「逃げ馬嫌い」の理由

 全国リーディングで松山弘平(31)と並んで3位の福永祐一は「5番人気以下で低成績」が気にかかる。 「今年は単勝5番人気以下の馬では〈0 7 4 70〉と、いまだ勝利なし。最後に勝ったのは20年11...

スポーツ

3大ジョッキー「買ってはいけない」新常識(2)ダ中距離の成績がダウンした川田将雅

 87勝で今年のリーディングトップを走るルメールに迫るのが71勝の川田将雅。向こうズネとなっているのが「外枠は不振」の傾向だ。 「今年の川田は芝、ダートを問わず外寄りの枠に入ったレースで大きく崩れが...

スポーツ

3大ジョッキー「買ってはいけない」新常識(1)ルメールは14戦連続でGⅢ勝ち鞍ナシ

 春のGⅠシリーズは「宝塚記念」でオーラス! いよいよ本格的な夏競馬の開幕に臨み、アサ芸では上半期に勝ちまくった3大騎手の人気、枠順、レースの格などを、あらゆる角度から総点検。すると、全幅の信頼を集め...

スポーツ

「真夏の新馬戦」で激走する「万券種牡馬」ベスト3(2)モーリス産駒は人気の盲点に

 3頭目の推奨種牡馬は、スクリーンヒーローだ。 「『たまに大物を出す種牡馬』というイメージを持たれがちですが、夏の新馬戦では思いのほか堅実に走っています。単勝回収率178%(同97%)で、牝馬よりも...

スポーツ

「真夏の新馬戦」で激走する「万券種牡馬」ベスト3(1)生産者名チェックで的中率アップ

 6月5日から中央競馬の新馬戦がスタートした。今年でほぼ見納めになる二大種牡馬、ディープインパクトとキングカメハメハの産駒に人気が集まりそうだが、その分、配当的な妙味は薄い。そこで真夏の新馬戦でこそ狙...

スポーツ

ブーム到来「ばんえい競馬」はじめてガイド(3)狙い目は馬体増のイレ込んでいる馬

 ばんえい競馬を象徴するのが「鉄ソリ」である。負担重量は480キロから1トンと幅があり、レース展開にも関わってくる。基本となる規定重量は、クラスと時期によって変わる。例えば「オープン」クラスだと、66...

スポーツ

ブーム到来「ばんえい競馬」はじめてガイド(2)勝敗は「馬3騎手7」の格言も

 直線200メートルのセパレートコースで、2つの障害を乗り越えるのがばんえい競馬の特徴だが、なぜレース中に馬が止まるのか。実はそこが勝負の行方を左右するポイントとなっていた。 「いかに障害をうまく乗...

スポーツ

ブーム到来「ばんえい競馬」はじめてガイド(1)3連単284万円の超高額配当も

 バブル崩壊後に廃止危機に直面。北の大地で最大1トンの鉄ソリを引く「ばんえい競馬」が奇跡の完全復活を遂げた。一度、馬券を購入したらハマってしまうファンが続出。空前のブームに乗り遅れないためにも、新シー...

スポーツ

大混戦「ドバイワールドカップデー」の必中馬券(2)コパノキッキングが浮上!

 一昨年の2着馬マテラスカイのほか、コパノキッキング、ジャスティン、レッドルゼルが出走する「ドバイゴールデンS」は、大混戦の様相を呈している。 「2月にサウジアラビアで行われたリヤドダートスプリント...

スポーツ

1 2 3 4 10