小池百合子一覧

自民党「女性総裁」成り上がり争奪戦(2)高市早苗氏は「抜群の集金力」が武器

 対抗と目されるのは高市早苗経済安保相(62)。派閥に属さない一匹狼だが、昨秋公開の収支報告書では1億2000万円以上を集めているほどで、男性議員を含めたポスト岸田の中でも断トツの集金力を誇る。 「...

ライフ

豊洲「千客万来」がついに開場!初日から大賑わいも「どこが千客万来なのか」疑問の声

 東京都江東区の豊洲市場に隣接する観光施設「豊洲 千客万来」が2月1日にオープンし、多くの人が詰めかけた。 「千客万来」は当初2018年の豊洲市場開場と合わせて開業する計画だったが、小池百合子東京都...

ライフ

小池百合子氏、神宮外苑の“伐採延期”は都知事選のため?「手のひら返し」の舞台裏

 東京・明治神宮外苑再開発で物議を醸している大量の樹木伐採問題。長年守り続けてきた緑豊かな環境が損なわれることを危惧し、作家の村上春樹氏や故・坂本龍一さん、サザンオールスターズなどの著名人も反発。ユネ...

ライフ

小池百合子に惑わされるな!「太陽光発電」の闇(9)三浦瑠麗氏の夫の次に誰が逮捕されるか

 中国企業のカジノを含む統合型リゾート(IR)事業への参入を巡り、2019年に収賄容疑で逮捕、起訴された秋元司元衆院議員(51)の事件を捜査した特捜部は、当時から秋元議員の再エネ人脈も捜査しており、昨...

ライフ

小池百合子に惑わされるな!「太陽光発電」の闇(8)逮捕者を出した再エネ会社との蜜月

 一方で、国民民主党は次回の選挙公約に「再エネ賦課金ゼロ」を打ち出している。太陽光パネルや蓄電池の値段は下がっている。これ以上、野放図な開発ばかりする悪徳業者を「育成」する必要はないのだ。ドイツやイギ...

ライフ

小池百合子に惑わされるな!「太陽光発電」の闇(7)「持続可能な社会」と言えば何でも通る

 第3次小泉内閣で、半袖・ノーネクタイを普及する「クール・ビズ」の旗振り役を務めたのが小池百合子環境相だった。今や東京都知事となり、目をつけたのが「太陽光パネル」だ。清く正しい「SDGs」の名の下、な...

ライフ

小池百合子に惑わされるな!「太陽光発電」の闇(6)「土砂災害警戒区域」に230カ所も

 この現場から南に約300メートルほど離れた軽井沢地区では、敷地面積約60.5ヘクタールもの大規模な太陽光発電所建設計画があり、しかもその予定地がかなりの急斜面に造られる予定だったことから、今も地元で...

ライフ

小池百合子に惑わされるな!「太陽光発電」の闇(5)未明に「ゴーッ」大量の土砂が流れ込んだ

 昼過ぎから下田市付近は本格的な雨となり、日が暮れたころには、その激しさが増していた。  未明、「ゴーッ」という音とともに太陽光発電所を支える土砂が崩れ落ち、この地区にある1軒の民家を押し流した。 ...

ライフ

小池百合子に惑わされるな!「太陽光発電」の闇(4)開発業者は高笑い…海外企業が日本に襲来

 観測史上最も暑い夏となった今年、線状降水帯など想定外の集中豪雨により列島各地が大規模な水害に見舞われた。あらためて、自然災害の恐ろしさを実感させられた年であった。シリーズ2回目は、山野を切り開き敷設...

ライフ

小池百合子に惑わされるな!「太陽光発電」の闇(3)中国産パネル“安さ”の裏に人権問題

 なによりも、最大の問題は「中国の人権問題」だ。  中国の人権問題など、東京都の住宅の太陽光パネルと何の関係があるのか、と思う方もいるかもしれない。実は日本が輸入する太陽光パネルの8割は中国製という...

ライフ

1 2 3 4 10