アメリカ一覧

「TikTok」包囲網に便乗!? インスタグラムの「15秒動画」新機能に丸パクリ批判

 マイクロソフトに買収されるか、それともTwitter社の傘下となるのか、アメリカでの「TikTok」の行方に注目が集まっている。  トランプ大統領は8月6日、情報漏えいなど国家安全上の問題から、中...

ビジネス

「ペッパーランチ」売却で「いきなり!ステーキ」が復活する3つの根拠

「いきなり!ステーキ」を運営するペッパーフードサービスは7月2日、ステーキの本場アメリカから完全撤退することを発表。また、翌日にはグループ店である「ペッパーランチ」の株式を投資ファンドに売却し、「いき...

ビジネス

アメリカ「WHO脱退」で脚光、トランプ大統領のWWE時代とプロレス政治

 新型コロナへの対応をめぐり、かねてから「WHOは中国に支配されている」と非難していたトランプ大統領が5月29日、ついにWHOからの脱退を表明した。  このニュースを受けネット上では様々なコメントが...

ライフ

「中国は報いを受ける」イギリスがファーウェイ導入ドタキャンの“対中制裁”

 3月下旬、イギリスの政府関係者はメディアに対し、中国が新型コロナウイルスに関して誤った情報を拡散し、自国の感染者数について嘘をついていると非難。「感染の危機が落ち着いたら中国は必ず“報い”を受けるだ...

ライフ

怒りの“対中報復”アメリカ、イギリス、ドイツが「5300兆円払え!」賠償訴訟

 発生源でありながらいち早い終息アピールで、世界のヒンシュクを買っている中国。情報統制と札束攻勢で黙らせることができるのは、途上国とWHOぐらいか。死者29万人を超えた(5月14日時点)というのに、当...

ライフ

「感染しようぜ」米コロナパーティーのイカれた実態、州知事が「潰してやる」

 5月8日、目を疑う衝撃的なニュースが日本にもたらされた。 《感染者とあえて交わる「コロナパーティー」に警鐘、米当局》  時事ドットコムニュースはこのような見出しのもと、アメリカで意図的に感染を拡...

ライフ

中国「有効性90%超」の“コロナ特効薬”極秘開発!トランプの地団駄と焦り

「新型コロナウイルスをやっつける消毒剤もあるだろう。コロナは消毒液で死ぬんだから、注射したらいいんじゃないか? それこそ洗浄じゃないか」  4月23日の記者会見でこんなトンデモ発言をしたのはアメリカ...

ライフ

「18兆円払え」“ウイルス発生国”の中国が訴訟まみれ!トランプも大激高

 アメリカのトランプ大統領がまたもや「中国責任論」を提起した。4月27日の記者会見で、「われわれは中国に不満だ」と述べたうえで、「ウイルスの発生源で(感染を)止めることができたはずだからだ」「素早く食...

ライフ

ウーマン村本、徳井義実の謹慎に異論で指摘された“アメリカ進出”の危うさ

 アメリカ進出を宣言しているウーマンラッシュアワーの村本大輔が、そのアメリカに対する無知ぶりを露呈したようだ。    村本は2月24日、同日に芸能活動を再開したチュートリアル・徳井義実を巡り、「お...

エンタメ

アメリカ人クルーズ船乗客の“救出チャーター便”が羽田空港に降りたったワケ

 横浜港周辺に停泊しているクルーズ船のダイヤモンド・プリンセス号から2月17日朝、アメリカ人乗客の一部がアメリカ政府のチャーター便で帰国の途に就いた。乗客たちは自衛隊が運用するバスで羽田空港に向かい、...

ライフ

1 2