アメリカ一覧

中国共産党100周年、敵はアメリカではなく「寝そべる若者」だった!?

 1921年の創立から7月1日で100周年となった中国共産党(中共)。数日前から例えば北京では「偉大な道のり」と題された大規模イベントが催されたり、上海などの大都市では祝祭ムードが盛り上がり、当日の7...

ライフ

UFOは安全保障上の脅威なのか?米情報機関が報告書を議会提出へ

 アメリカのCNNは16日に、アメリカの下院情報委員会で未確認飛行物体(UFO)に関する説明会が非公開で行われる予定であると、同委員会関係者から得られた証言として報じた。 「日本だったらコロナとオリ...

ライフ

「リモートで生産性落ちた」が8割!ポストコロナの働き方意識に変化

「1日100万回」のワクチン接種が果たして達成できているのかどうかはわからないが、オリンピック開催に向けて後戻りのできない対コロナで、“科学的根拠”に乏しいままただひた走っている日本の現状。  一方...

ビジネス

アメリカでは「ワクチン観光」も!大混乱・日本の接種”最後進国”ぶり

 人によっては何十回電話しても予約電話がつながらず、果ては有名ドラッグストアの会長が影響力を笠に着て優先的に予約を取り付けようとしたことがバレてそのドラッグストアの不買運動にもつながっている。どうせこ...

ライフ

「コロナなんもしない人」の業務報告書(1)米国との危機感の差は歴然

 国民と新型コロナウイルスとの戦いは1年以上が経過し、今もって混乱の渦中─。為政者たちが対コロナに無為無策だった結果が招いた事態である。減っては増えてを繰り返す感染者数、逼迫する医療体制は誰のせいなの...

ライフ

米アマゾンで起きた“配送ドライバーがペットボトルに小水騒動”は他人事でない?

 3月25日、アメリカ連邦議会議員のマーク・ポーカン氏が、宅配大手のAmazonの労働問題を巡り「労働組合を潰そうとしたり、労働者にペットボトルに“小水”をさせたりするのが進歩的な職場とは言わない」と...

ライフ

「半導体ナショナリズム」で米中対立が激化!”ホットスポット”台湾が危ない!?

 先進国がコロナのワクチン確保に急いだため「ワクチン・ナショナリズム」と呼ばれるワクチンの囲い込みが問題となっているが、このところ世界的に半導体が不足が続いていることで、こちらも囲い込みの自国優先の動...

ライフ

東京に続いて「北京五輪」も開催危機、ウイグル弾圧でジェノサイド認定の重み

「東京五輪・パラリンピックの開催はどうなる!?」という大問題をよそに、それよりも組織委員会の森喜朗会長の性差別発言とその謝罪会見のあまりのヒドさにばかり目が行く状況で、ますます東京五輪の開催は五里霧中...

ライフ

「科研費申請」に“外国資金”申告義務化!? ネットから消えた「千人計画」の謎

 菅首相が会員候補6人の任命を拒否したのは日本学術会議だが、これと似た名称で日本学術振興会という組織がある。文科省所管の独立行政法人で、学術研究の助成、研究者育成の資金の支給などを行っているところだ。...

ライフ

1 2 3 4