西武一覧

波乱のプロ野球、禁断予測(2)西武・松坂大輔に出番はあるのか?

 ではパ・リーグはどうか。昨年の覇者、ソフトバンクと、田中将大と早大卒ルーキーの早川隆久の加入で一躍、優勝候補とも言われる楽天。2強の様相だが─。 【4】西武が楽天に勝ち越す  西武と楽天の遺恨は...

スポーツ

「楽天ライオンズ」の誹りに動じぬ寝業師ぶり/石井一久のゆるゆる采配(2)

 石井監督が楽天GM職に就いたのは18年9月。 「石井監督は私生活でも三木谷浩史オーナー(56)と食事する仲でしたが、当初は梨田昌孝監督(67)の後任を要請された。しかし、自分には監督は向かないと固...

スポーツ

チーム内で冷笑も…ロッテ松中臨時コーチの評判と佐々木朗希の“過保護待遇”

 今キャンプの招聘をNPB復帰の足掛かりとしたいのは、ロッテ・松中信彦臨時コーチ(47)だ。その思惑をパ・リーグ関係者はこう明かす。 「井口資仁監督(46)とはアマチュア時代こそ合コンの席を共にする...

スポーツ

来季2000本安打へ、37歳のベテラン・栗山に3年契約を提示した西武の狙いとは?

 埼玉西武ライオンズの将来のチーム像が見えてきた。栗山巧外野手が2000万円アップの1億7000万円(推定)で契約更改した。シーズン終盤は4番を務め、指名打者として初のベストナインに選ばれるなど、年齢...

スポーツ

決定!プロ野球ワーストナイン【投手編】最悪防御率投手と西武・松坂の去就

 2020プロ野球シーズンの「ワーストナイン」を決める本企画も投手編へ。6連戦が続く日程は、多くの投手に負担を強いたか。フルボッコにされた試合を思い返して来年の糧としたい。  パの先発部門では、楽天...

スポーツ

決定!プロ野球ワーストナイン【野手編】得点圏打率で最下位の遊撃手とは?

 コロナ禍の異例シーズンとあっては、調整に戸惑い、本来の力を発揮できなかった選手も多かっただろう。それでも高額な年俸は満額支払われている。期待外れに終わったワーストナインの「野手編」をここに発表。打て...

スポーツ

球界“ベンチ裏”事件簿!阪神・矢野監督を困惑させた福留の“親子ゲーム”

 コロナ禍の影響で異例の“取材制限”が設けられた2020年のプロ野球。ベテラン記者やリーグ関係者を緊急招集して、戦力外や復活劇にまつわる「ベンチ裏事件」を総決算してもらうと‥‥。 C まずはパ・リー...

スポーツ

日本シリーズで再燃!原VS工藤14年越しの遺恨と内川聖一“冷遇退団”の真相

 リーグVを目前にして足踏みが続いた巨人に対し、2位に10.5ゲーム差をつける独走状態で優勝したソフトバンク。昨年の「4タテ劇」もあって、戦う前から圧倒的な勢いの差で評価が分かれているが、そんな中、両...

スポーツ

世界の福本豊〈プロ野球“足攻爆談!”〉「オリックスよ、混パを演出せい!」

 盗塁王13回、シーズン歴代最多となる106盗塁、通算盗塁数1065と輝かしい記録で「世界の福本」と呼ばれた球界のレジェンド・福本豊が日本球界にズバッと物申す!  パ・リーグの優勝争い、CS圏の2位...

スポーツ

FA戦線異状アリ!山田哲人、大野雄大に代わる目玉選手はあのリリーバー!?

 お手頃なお値段で、確実な戦力補強を……。今オフの国内FA市場といえば、東京ヤクルト・山田哲人と中日・大野雄大が投打の目玉と言われてきた。  しかし、コロナ禍によって各球団ともに観客動員に制約がかけ...

スポーツ

1 2 3