緊急事態宣言一覧

騙されるな!「コロナ便乗犯罪」最前線(3)”協力金サポート”を名乗って…

 コロナ禍で通常どおりの営業ができずに涙を飲んでいる飲食業界を見てみれば─。  東京都は緊急事態宣言の発令に伴い、営業時間短縮などの要請に応じた飲食店に協力金を支給。その額は1日1店舗あたり6万円。...

ライフ

”GoTo”でコロナは「拡大or無関係」で大論争(2)二階幹事長の太いパイプ

 GoToトラベルと感染拡大の因果関係は、感染症の専門家の間でも意見が分かれているのが現状だ。 「人と人との接触機会を8割削減すること」を提言したことで、〝8割おじさん〟として有名になった感染拡大防...

ライフ

“GoTo”でコロナは「拡大or無関係」で大論争(1)地方の繁華街は生死の境目

 東京、神奈川、埼玉、千葉に出されていた緊急事態宣言は解除されたものの、昨年7月より始まった「GoToトラベルキャンペーン」は、昨年末に中断されたままだ。果たして「GoToトラベル」とコロナ感染拡大に...

ライフ

「複合カフェ」が最多倒産で大ピンチ!残された生き残りの術は?

 信用調査会社・帝国データバンクが、ネットカフェや漫画喫茶などの「複合カフェ」で2020年度(20年4月~21年2月)に発生した倒産が10件となり、過去最多になったことを発表した。  同業種が年度ベ...

ビジネス

「不信しかない」”時短拒否”外食大手の猛反撃で東京都のメンツ丸潰れ!

「ありえない愚策」「不信しかありません」  ビジネス上の書面ではこんな言葉が出てくるのをあまり目にすることはないのだが、これ、東京都と東証2部上場企業とのやり取りにおいて出た文言だ。 「カフェ ラ...

ライフ

1位は新宿で横浜中区が浮上、コロナ感染率ワースト10とピンク街の意外な関係

 首都圏1都3県を含む、11都府県に緊急事態宣言が出てからおよそ1カ月が経過。その効果もあって鈍化傾向に転じているが、それでも昨年4〜5月の前回の宣言期間中に比べると、1日あたりの新規感染者数はいまだ...

ライフ

クレーム覚悟で20時以降も営業!艶系クラブが活気づいた“夜の需要”とは?

 10都府県に発令されている緊急事態宣言の解除が見送りとなり、飲食店に対する20時までの営業時間短縮要請も継続される中、要請に従わず20時以降も営業を行っている艶系クラブは意外にも連日にぎわいをみせて...

ライフ

座っているだけで日給1万!?「体入荒らし」よりもオイシイ“艶バイト”の中身

 政府は2月7日までとされていた緊急事態宣言を、栃木県を除く10都府県で1カ月延長することを発表。これを受け、赤字経営でギリギリまで耐えてきた飲食店オーナーの中には、店を閉める覚悟を決めた人も少ないよ...

ライフ

「週給15万円」「光熱費タダ」出稼ぎピンク嬢が派遣された意外な場所とは?

 東京都、大阪府、千葉県、埼玉県など11都府県に発令されていた緊急事態宣言。2月7日には北関東の栃木県が解除され、一時の緊迫状態から脱しつつあるが、関東圏のピンク産業は大打撃を受けたと言われている。 ...

ライフ

ANAに続いてJR各社も実施、「一時帰休」とリストラの根本的な違いとは?

 長引くコロナ禍の影響で景気が落ち込む中、社員を一時帰休させる企業が増えている。最近ではJRグループ各社が相次いで発表。JR東海は1月25日から1日あたり400人規模、2月に入ってからもJR西日本が同...

ビジネス

1 2 3 4 10