藤田菜七子一覧

「夏競馬」万券ゲット作戦 「減量騎手」が大波乱を起こす(2)永野猛蔵の技術は新人離れ

 今年デビューした新人騎手の最注目株は、ルーキーらしからぬ安定感と、騎乗技術が魅力の▲永野猛蔵(18)だ。 「前走3着以内馬に騎乗したレースは〈8 3 3 12〉で3着内率が53.8%(複勝回収率1...

スポーツ

菜七子に続け!新人ジョッキー古川奈穂&永島まなみの「騎乗力」(3)買える馬券は?

 さて、デビューしたばかりの新人騎手だけが持つ特権、それが「斤量の軽減」だ。ここに新ヒロイン2人の「買える馬券」のヒントが隠されている。まず「審議」するのは、専門紙トラックマン。 「特に女子の場合は...

スポーツ

菜七子に続け!新人ジョッキー古川奈穂&永島まなみの「騎乗力」(2)偏差値70の才媛

 ここで新ヒロインの「身体検査」をすれば、まずは古川から。 「脳外科医の父を持ち、偏差値70以上という都内の中高一貫の進学校に通っていた才媛。ところが藤田騎手の活躍に触発されて、高校を中退。競馬学校...

スポーツ

菜七子に続け!新人ジョッキー古川奈穂&永島まなみの「騎乗力」(1)30点対40点

 持続化給付金の不正受給問題で大揺れのJRAに、明るい希望の星が出現。あの「菜七子フィーバー」から5年、女性騎手が2人同時にデビューしたのだ。話題沸騰、早くも「菜七子超え」の声もあるスター候補生の騎乗...

スポーツ

「あいつマジでヤバい」横山典弘が“予言”した二世騎手と“黄金世代”の台頭

 競馬界において若手騎手の活躍を思い知らされたのは昨年、二世騎手2人の活躍だった。  デビュー4年目の横山武史(22)が94勝をあげて関東リーディングを獲得(全国6位)。東のニューリーダー的存在にの...

スポーツ

2021年の競馬界を占う!藤田菜七子と「東西二世騎手」が飛躍する根拠とは?

 去年の競馬界は無敗の3冠馬コントレイルとデアリングタクト、そして女王アーモンドアイがターフを彩った。いまだコロナの終息は見えない状況だが、今年は若手ジョッキーがターフを沸かせてくれそうだ。  3月...

スポーツ

「100勝達成」で気になる藤田菜七子の年収は?「調教師や馬主に電話で営業」

 テニスの大坂なおみが「世界で最も稼ぐ女性アスリート」としてアメリカのメディアに取り上げられた。年収40億円(推定、以下同)の大坂には及ばないものの、日本国内には稼ぎまくっている女性アスリートがゴロゴ...

スポーツ

藤田菜七子“大人の事情”で最下位!? 競馬実況で念仏が連呼された“緊急事態”

「ナムアミダブツ!ナムアミダブツ!ナムアミダブツ!ナムアミダブツ!先頭はナムアミダブツ!今1着でゴールイン!勝ったのはナムアミダブツ〜〜〜!」  5月3日の福島競馬場ではこんな“迷実況”が生まれたか...

スポーツ

「馬への愛」で100勝達成!藤田菜七子に緊急要請「早くスタイリストを…」

 抜群の人気を誇る女性ジョッキー・藤田菜七子騎手が女性として初めてJRA通算100勝を達成したのは4月25日のことだった。新型コロナ感染拡大を防ぐための無観客開催でなければ、うら若き女性騎手は祝福の歓...

スポーツ

ミカエル・ミシェル「26億円争奪」狂騒曲(2)通年免許取得の“メド”

 ミシェルには、それほど年の違わない日本人の女性通訳も付いているのだが、その通訳いわく、 「騎乗馬や乗り方などについては、全てエージェント(元騎手)のフレデリック・スパニュ氏(46)が決めています。...

スポーツ