中日一覧

プロ野球2020大反省会!5位・佐々岡監督と最下位・高津監督に意外な共通点が

 球界はすでにストーブリーグ真っただ中。今季が振るわなかったのであれば、反省してこそ、先に進めるのではなかろうか。内部事情を知る球界関係者が集い、戦犯たちに猛省を促す! B(NPB関係者) DeNA...

スポーツ

決定!プロ野球ワーストナイン【珍プレー編】サヨナラの好機に投手を代打に

「アサヒ芸能」恒例企画となったプロ野球ワーストナインもいよいよ大詰め。高額年俸に見合わない“期待外れ”の成績に終わった投手、野手が出そろった(※データは文末に掲載)。さて、無観客試合など異例の開幕とな...

スポーツ

世界の福本豊〈プロ野球“足攻爆談!”〉「残留!大野雄と山田哲は雲泥の差」

 盗塁王13回、シーズン歴代最多となる106盗塁、通算盗塁数1065と輝かしい記録で「世界の福本」と呼ばれた球界のレジェンド・福本豊が日本球界にズバッと物申す!  今年は比較的静かなFA戦線となった...

スポーツ

中日・大野雄大「残留宣言」でもメジャー移籍は濃厚!? 2年後に海外FA権で…

 中日・大野雄大の去就問題は残留宣言で終了とはいかないようだ。  完投試合数「10」、その無尽蔵のスタミナで、今季の沢村賞に輝いた大野の残留は、中日にとって、何よりの戦力補強ともなった。正式な手続き...

スポーツ

大物OBの“現場復帰”で戦々恐々!? 与田監督「契約最終年」にかかる重圧

 中日ドラゴンズが球団創設85周年となる来季に向けて動き始めた。エース・大野雄大の残留が決まり、与田剛監督もひと安心といったところ。しかし、ホッとしていたのも束の間。新たな難題が飛び込んできたのだ。 ...

スポーツ

大野雄大「残留」で外国人補強は縮小!? 中日を待ち受ける“主砲流出”の危機

 エース・大野雄大の次は「主砲」。中日・与田剛監督が大島宇一郎オーナーを訪ね、2020年のシーズン結果を報告した。8年ぶりのAクラス入りはもちろんだが、最大の懸案事項だった大野雄大の残留が決定したこと...

スポーツ

大野雄大“残留決定”で訪れるドラゴンズの厳冬更改「選手から恨み節も…」

 今オフの国内FA市場の目玉である中日・大野雄大投手(32)の残留が確実視されている。今季最終戦となる11月11日の広島戦の試合前、大野自身の口から「試合で投げるたびにこのチームでやりたい気持ちが強く...

スポーツ

2000安打の次はGグラブ賞!? 坂本勇人の好守備を支える“冷凍庫”の秘密

 11月8日のヤクルト戦でプロ53人目となる通算2000安打を達成した巨人の坂本勇人(31)。31歳10カ月での達成は、31歳7カ月の榎本喜八(プロ活動年1955年〜1972年)に次ぐ歴代2位の若さで...

スポーツ

落合博満氏も意見を引っ込めた!? 中日の“ドラ1戦略”に見る球団の地元愛

 10月25日午後2時過ぎ、与田剛監督と中日ナインが神宮球場に到達した。東京ヤクルトとのナイトゲームに臨むためだが、与田監督は「高橋(宏斗=中京大中京)君で行きます!」と、ドラフト会議の1位指名選手を...

スポーツ

大リストラの予兆!? 10・26ドラフトで巨人の「下位指名」に注目が集まる理由

 ドラフト展望の前にまずは移籍動向をチェックしたい。今季FAを迎えるヤクルト・山田哲人(28)、中日・大野雄大(32)、あるいは契約最終年のセ界2年連続本塁打王のDeNA・ソト(31)らは巨人、阪神な...

スポーツ

1 2 3 4