スカウト一覧

静岡放送「W不貞報道」で浮上した地方アナの悲哀、艶ビデオ業界も注目のワケ

 3月5日発売の「FRIDAY」が報じた静岡放送の「社内W不貞」は大きな話題となった。お互い配偶者と子を持つ身でありながら、大石剛社長(51)と同局に所属する原田亜弥子アナウンサー(40)が手つなぎデ...

エンタメ

「2020ヤクザ流行語大賞」選定!「小林旭」がノミネートされた意外な理由とは?

 毎年恒例のユーキャン新語・流行語大賞」(現代用語の基礎知識選)のノミネート語が11月5日に発表された。「クラスター」「濃厚接触者」「アベノマスク」「3密(三つの密)」「ソーシャルディスタンス」など、...

ライフ

「戸郷のせいだ…」高校野球のネット裏でスカウト陣の嘆き節が聞かれたワケ

「2020年甲子園 高校野球交流試合」も終わり、8月23日に都道府県別の独自大会も終了した。  開閉会式はその試合を戦った2校だけ。例年なら白系の夏服で埋めつくされるはずのスタンドは、ガラ空き。ブラ...

スポーツ

防御率トップ!DeNA平良の躍進に巨人が地団駄を踏んだ“スカウト裏事情”

 プロ7年目の今季、先発ローテーション入りを果たした横浜DeNAベイスターズの平良拳太郎投手が、7月5日のヤクルト戦で7回を無失点におさえ、一時、防御率トップに躍り出た。ここまで3試合に投げ、2勝目。...

スポーツ

「夏の甲子園」中止で「ドラフト」の目玉は? スカウトマンの苦悩と打開策

 夏の甲子園大会の中止が発表され、プロ野球のスカウトマンたちは、一様にドラフト会議への影響を口にしていた。指名対象の3年生の成長を確認することもできなければ、地方にいるお目当ての選手が全国レベルで通用...

スポーツ

「夏の甲子園中止」でプロのスカウト困惑!?“練習試合”と称した入団テストも

 そこで終焉とはならないだろう。5月20日、日本高野連は夏の甲子園大会の中止を正式に発表した。高校総体を始めとする他競技の主要大会も先駆けて中止を決めていただけに、有名・強豪校の監督たちも、ある程度は...

スポーツ

メジャースカウトが絶賛「中南米よりも岩手がアツい!」

 これも、佐々木朗希(大船渡)の影響だろう。メジャースカウトの間で「岩手県」が流行りのフレーズになっている。    菊池雄星(マリナーズ)、大谷翔平(エンゼルス)に続いて、好投手が立て続けに出現し...

スポーツ

夏の甲子園、指名権のない米スカウトがなぜ視察するのか?

 令和の怪物・佐々木朗希(大船渡)が岩手県決勝戦で散った。  最速163キロを誇る右腕の将来を思い、連投をさせなかった指揮官の判断には賛否両論だが、ネット裏では“不可解な人物たち”が姿を見せていた。...

スポーツ

石原さとみとの破局より深刻?「SHOWROOM」配信者を狙う悪質手口とは

 7月11日発売の「女性セブン」が、石原さとみと、動画配信サイト「SHOWROOM」社長・前田裕二氏の、破局に関する記事を掲載した。2人の仲は、年明けから雲行きが怪しくなっていたという。 「2人は昨...

エンタメ

スカウトが集結!「第3次韓流ブーム」に沸く新大久保で起きている異変

 「第3次韓流ブーム」で賑わっている日本最大のコリアンタウン・新大久保。土日となれば、JR新大久保駅前の大久保通りは、韓流ファンや女子高生らで歩道はスムーズに歩けないほどにぎわっている。    新...

ライフ