オミクロン株一覧

「まん防」適用に「あまりに不公平」飲食店協力金を巡る“不協和音”

 新型コロナウィルス、オミクロン株の感染急拡大を受け、政府は1都10県に「まん延防止等重点措置」を新たに適用する方針であることが明らかとなった。しかし、この措置に対して懐疑的な考えを持つ人も多く、ネッ...

ライフ

「スーパー変異」が始まる…第6波の不都合な真実(4)永久に終息しないという恐怖

C そもそも、仮にオミクロン株の毒性が弱かったとしても、デルタ株の4倍を超える強烈な感染力を持つわけですから、今後、感染者数が爆発的に増えていくことは確実です。したがって、例えば感染者数がデルタ株の4...

ライフ

「スーパー変異」が始まる…第6波の不都合な真実(3)ピークは第5波の数倍にも

C 政府は空港などでの水際対策の強化に血道を上げていますが、濃厚接触者を市中に放ってしまってから慌てて隔離するなど、その内実は穴だらけとしか言いようのないオソマツなものです。したがって、市中感染は昨年...

ライフ

「スーパー変異」が始まる…第6波の不都合な真実(2)国民にデマが刷り込まれた

B 感染症学の立場から付言すれば、このようなエラーカタストロフを招く自滅株は、多くの場合、免疫不全疾患を抱える人の体内で出現します。今回のデルタ株で言えば、従来株が免疫不全患者の体内で途方もなく増殖し...

ライフ

「スーパー変異」が始まる…第6波の不都合な真実(1)日本のデルタ株は“自滅”していた

「オミクロンショックは、悪夢の始まりにすぎない」。そう断言して憚らないのは、これまでマスコミには絶対に登場しなかった4人の識者。コトここに及び、政府がひた隠しに隠し続ける不都合な真実、そしてテレビや新...

ライフ

オミクロン株が急拡大中、世界では「フルロナ」「デルタクロン株」が出現

 一時はもはやコロナ禍も収束か、というほど日本では10月から明確な理由もなく感染者数が大幅に減って、国際的には「ミステリー」などとも言われていたのもつかの間、今年に入ると1日の感染者数が1週間で10倍...

ライフ

オミクロン株の世界的拡大で北京冬季五輪が最悪中止も

 開幕まで2ヶ月半に迫った北京冬季五輪。だが、実際に聞こえてくるのは不安の声ばかり。しかも、ここに来て新たな変異種オミクロン株の感染者が世界各国で続々と確認されており、WHO(世界保健機関)も強い警戒...

ライフ

WHO、日本の外国人入国停止に「理解困難」批判で噴出する猛反発の声

 新型コロナウイルスの新たな変異株・オミクロン株への水際対策として外国人の新規入国を原則停止したことに、世界保健機関(WHO)は日本を名指しで「理解困難」と批判。しかし、これにネット上では怒りの声も上...

ライフ

“最凶オミクロン株”流入は時間の問題!「忘年会」「年末年始」「GoTo」を直撃か

 新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」をめぐる緊急避難的な予防措置として、政府は30日、全世界を対象に外国人の入国を禁止。これにより、今月8日から規制緩和されていた、海外のビジネス関係者や...

ライフ

「オミクロン」警戒で株価大幅下落も、10倍に値を上げた暗号資産とは?

 11月25日に南アフリカで検出された新型株の「B.1.1.529」。これまでで一番激しい変異を経た株で、「ワクチンの効果を低下させる」などと見られているが、世界保健機関(WHO)は26日にこれを「オ...

マネー