藤井聡太一覧

藤井聡太と‶天敵″豊島将之(1)渡辺名人との三すくみ状態

 16年に14歳2カ月の史上最年少棋士としてデビューして以来、数々の最年少記録を塗り替えてきた藤井二冠。その勝率は8割4分と破竹の勢いは止まらない。しかし、その前に大きく立ちはだかるのが豊島竜王だ。王...

ライフ

藤井聡太「最年少タイトル防衛」へのマル秘特訓(3)感想戦で「ウフフフ~」

 どれだけAIが将棋界を席捲しようが、対人戦を軽んじているわけではない。だが、列島を猛襲するコロナ禍で「密」を避ける行動様式が、棋士同士の研鑽に大きな変化をもたらしたという。 「棋力を上げるために複...

ライフ

藤井聡太「最年少タイトル防衛」へのマル秘特訓(2)「10秒7億手」の超速AIを用いて…

 そんな藤井の強さを語る上で欠かせないのが、コンピュータ将棋ソフトによる「AI研究」だろう。「タヌキの為に鐘は鳴る」などのソフト開発に携わる野田久順氏が解説する。 「パソコンのモニターに映る盤面に局...

ライフ

藤井聡太「最年少タイトル防衛」へのマル秘特訓(1)37手まで前例を完全コピー

「男子、三日会わざれば刮目して見よ」とはよく言ったもの。日々の鍛錬で進化を続ける天才棋士は、また新たな最年少記録の更新に王手をかけようとしている。将棋という対人競技において、いかに人と会わずして類いま...

ライフ

藤井聡太二冠「AI将棋」の極秘タブー!6億手先を読む「高額CPU」の正体

 現在二冠の藤井聡太の想定外の「奇手」が思わぬ波紋を呼んでいる。対談記事で「タブー」とも言えるAI将棋の「機密情報」を明かしてしまったのだ。棋士同士でも明かさないトップシークレットもさることながら、そ...

ライフ

元七冠・羽生善治“レジェンド復活”を支えたAI研究と体幹トレーニング

 新旧“天才少年”の激突が実現した「第70期王将戦挑戦者決定リーグ戦」の開幕戦。これまで対戦して4戦4敗だった「元七冠」のレジェンド・羽生善治九段(50)が、大方の予想を覆して藤井聡太二冠(18)に勝...

ライフ

1 2