武豊一覧

テレ東・森香澄アナ、武豊から凱旋門賞取材に誘われるもファンは辛辣反応

 1度ではなく、2度も疑惑が浮上しているだけに、なかなかのプレイボーイであることは間違いない!?  テレビ東京の森香澄アナが6月4日に放送された競馬番組「ウイニング競馬」(テレビ東京系)に出演。10...

スポーツ

競馬・藤沢和雄の「革命伝説」35年(4)グランアレグリアは調教師人生の集大成

 01年にクラシックレースが外国産馬に開放され、02年以降はダービーにも次々と送り込んだ。特にシンボリクリスエス(2着)、ゼンノロブロイ(2着)、ペルーサ(6着)、コディーノ(9着)あたりには大きな手...

スポーツ

第100回「凱旋門賞」は波乱含みの大激戦(1)通算9回目の挑戦となる武豊

 世界最高峰レースのGⅠ「凱旋門賞」が10月3日、パリロンシャン競馬場で開催される。日本からは宝塚記念を連覇したクロノジェネシス、春の天皇賞2着馬のディープボンド、そしてレジェンド・武豊(52)が名匠...

スポーツ

リーディング2トップ「川田&ルメール除外の掟」で超万馬券をゲットする!

 今年のリーディング争いは、すでに100勝をクリアしたC・ルメール(41)と川田将雅(34)の一騎打ち状態。だが、全盛期の武豊(51)のようにどのレースでも信頼を寄せられるジョッキーとは言い難い。とい...

スポーツ

武豊「6億円和解」で「第2黄金期」が到来(3)14頭の有力「アドマイヤ」が…

 引退した平林雅芳氏に代わり、武は昨年初めからC・ルメール(40)も抱える豊沢信夫氏とエージェント契約を結んだのだが、これがみごとに大当たり。いい馬がそろうようになり、昨年は4年ぶりの年間100勝超え...

スポーツ

武豊「6億円和解」で「第2黄金期」が到来(2)「ため殺し」を葬った逃げ切り

 6億円馬騎乗による「電撃和解」。だが、コトここに至るまで、さまざまな苦難が降りかかったのも事実だ。  武はデビュー3年目の89年にリーディングトップの座を得ると、91年の2位を挟んで00年まで独走...

スポーツ

武豊「6億円和解」で「第2黄金期」が到来(1)懇意にする調教師の口添え

 50歳を過ぎて円熟期どころか、再び全盛期に突入しようとするのはやはり、天才たるゆえんなのか。突如襲った大オーナーとの確執、絶縁が奇跡の「終戦」を迎えるや、その象徴たる馬で脚光を浴びる。「ミスター競馬...

スポーツ

平成の競馬“珍”&“怪”事件18(2)実況アナが絶叫で呼びかけ

 正面からは、最後の力を振り絞ってデンコウマッハやバンチフラワーがやってくる。危険を察した実況アナウンサーは大声で「おっと、前からタイタニアムがやってくる! 正面衝突は避けたいところだ。危ないですから...

スポーツ