宮司愛海一覧

NHK青井実アナ、フジ「イット!」移籍で宮司愛海アナの“負けん気”発動か

〝夜の顔〟から〝夕方の顔〟へと電撃転身だ。夜の報道番組「ニュースウォッチ9」(NHK)のキャスターを務める同局・青井実アナウンサー(43)が近く退職してフリーとなり、2024年4月から夕方の報道番組「...

エンタメ

フジ・井上清華「次期エース確定」の裏で…「貝殻ブラ」杉原千尋の大逆襲が始まった!

 2021年3月から朝の看板情報番組「めざましテレビ」(フジテレビ系)の総合司会を務める井上清華アナは、23年7月放送の大型特番「FNS27時間テレビ」では「フジの顔」である永島優美アナとともに進行ア...

エンタメ

「半同棲報道」宮司愛海が明かしていた恋愛性癖「尽くし過ぎて相手がダメ男になる」

 2021年の東京五輪、22年の北京五輪でフジテレビのメインキャスターに抜擢された同局の宮司愛海アナ。22年10月からは、元フジの加藤綾子の後任として、夕方の報道番組「Live News イット!」の...

エンタメ

「イット!」取材班がスイカ泥棒を確保も…「厳重注意だけ?」視聴者憤慨

「スイカが旬を迎え、大きなサイズになると、4000円から5000円で取引されています。何よりスイカには体を冷やす働きがあることから、猛暑の今年はどこの青果店でも大人気。全国的に豊作ということもあって、...

ライフ

宮司愛海「イット!」が視聴率で大躍進!夕方ニュースは女子アナの“胸差”の戦いに

 2021年の東京五輪、22年の北京五輪を担当し、現在は夕方ニュース番組「Live News イット!」のメインキャスターを務めるフジテレビの宮司愛海アナウンサー。スポーツから報道までこなせる同局の〝...

エンタメ

田中みな実「透けアンダー」で“ツルツル”確定/「脱いだ女子アナ」マル秘白書(1)

 近年、グラビア業界において最強の肩書となった「現役女子アナ」。いかにして女子アナが脱ぐようになったのか、その歴史をひもといていこう。  10年代なかば以降、在京キー局で人気を集めた知名度抜群の女子...

エンタメ

番組の「後任」ではなかったけど…「宮司愛海こそポスト・ミタパン」の鉄板理由!

 フジテレビの「報道のエース」として活躍してきた三田友梨佳アナが、3月31日付で同局を退社する。担当番組の「Live News α」はすでに降板し、「Mr.サンデー」は1月29日の放送で卒業した。この...

エンタメ

フジ・宮司愛海VSテレ朝・森山みなみ「エース級ボディ」頂上決戦(3)女優オファーが舞い込んで

 森山アナの大ハッスルの背景には、世間を騒がせた不祥事があった。テレ朝関係者が明かす。 「番組コメンテーターを務めていた同社社員の玉川徹氏がいわゆる『電通発言』で処分を受けて、定位置を剥奪されてしま...

エンタメ

フジ・宮司愛海VSテレ朝・森山みなみ「エース級ボディ」頂上決戦(2)はちきれんばかりに躍動

 フジ関係者からは、宮司アナの隠された「スポーツ肌着説」が飛び出した。 「報道志向の強いアナが、バラエティー色を薄めるため、カモフラージュ工作で豊かな胸を隠すのは珍しくないんですよ。ふだんはダボダボ...

エンタメ

フジ・宮司愛海VSテレ朝・森山みなみ「エース級ボディ」頂上決戦(1)明らかにサイズアップ

「柔を守るを強と曰う」。古代中国の思想家・老子は柔軟な生き方こそが強さの秘けつだと説いた。時は流れて令和の日本。適者生存、弱肉強食の女子アナ界においても、故事をもじれば「やわらかボディ」が局の看板番組...

エンタメ

1 2 3