原辰徳一覧

「ベイビー・シャーク」100億回再生で巨人の助っ人交渉に異変!?

 プロ野球ファンは注視しておいたほうがいいということか。    去る1月15日、スポーツ報知が世界中の子供に人気の曲「ベイビー・シャーク」がYouTubeで100億回再生を突破したと報じた。記事に...

スポーツ

鬼評価!「育成契約」が美談にはならない原巨人の三軍制

 良い意味で、ファンの予想を裏切ったようだ。  原巨人は球団史上最多となる10人を育成ドラフトで指名した。また、故障、リハビリなどで公式戦の出場まで時間のかかりそうな支配下選手12人も育成契約とし、...

スポーツ

原監督が進める「50番トリオ」帰還と“第2の満塁男”の育成

 原巨人が来季のコーチスタッフ人事を発表した。阿部慎之助、村田修一、実松一成、山口鉄也、亀井善行など若い指導者が「一軍担当」となり、また、元木大介ヘッドコーチがオフェンスチーフ、阿部作戦コーチがディフ...

スポーツ

石井琢朗コーチ「退団」で加速する原巨人の“阿部へのミクス”

 クライマックスシリーズを前にして、原巨人は来季に向けたチーム改造に着手した。11月2日、石井琢朗、片岡治大両コーチの退団を発表。石井コーチは古巣・ベイスターズへの帰還が報じられているが、シーズン終盤...

スポーツ

巨人を崩壊させた「戦犯」の背信プレー(3)“有醜の美”を晒す結果に…

 むろん、結局のところ種々の問題の責任は、原監督に集約されるようだ。再び球団関係者が、その思惑違いをこう明かす。 「2年連続でリーグ優勝に導いた原監督ですが、日本シリーズではソフトバンクに8連敗して...

スポーツ

巨人を崩壊させた「戦犯」の背信プレー(2)3.5億円でウハウハ、もう投げない

 昨季8勝を挙げたサンチェス(31)は、今年もローテの一角を担っていたが、ドミニカ共和国代表として東京五輪に出場した後、後半戦の登板はゼロだった。 「契約最終年の今季は前半戦で5勝5敗、防御率が4....

スポーツ

巨人を崩壊させた「戦犯」の背信プレー(1)得点圏打率が1割以下の主軸

 2年連続でリーグ優勝を果たし、3年目で集大成を迎えるはずだった原ジャイアンツがシーズン最終盤で歴史的な大失速に陥った。ほうほうの体でCS出場圏内の3位には滑り込んだものの「球界の盟主」の面影はどこへ...

スポーツ

巨人「スカウト部長」に水野氏が就任、原辰徳監督のリアル後継者か

 巨人スカウト部長に水野雄仁氏が就任した(10月7日)。同職は2020年4月から空位となっていた。水野氏は11日のドラフト会議にも出席する予定だが、「新体制の船出」と表現するメディアもあったが、そんな...

スポーツ

中田翔「暴力移籍を美談に」を断罪する(3)最後まで面倒は見ない

 かつては松井秀喜(47)の大ファンでG党でもあったという、コラムニストの亀和田武氏は、 「素行が問題視された中田が巨人に入ったのは、実はピッタリじゃないか」  としてこう皮肉る。 「『球界の紳...

スポーツ

1 2 3 4 8