ソフトバンク一覧

ZOZO売却を決断した前澤友作社長に「完全に勝ち組」の皮肉の声殺到!

 ソフトバンク傘下のヤフーが、ファッション通販サイト「ZOZO TOWN」を運営するZOZOに対し、株式公開買い付け(TOB)を実施することを発表。ZOZOの創業者で社長の前澤友作氏は、経営を退くとい...

ビジネス

中日・松坂大輔の「現役続行」希望にソフトバンクファンが意外な反応

 9月1日、加藤宏幸球団代表と話し合い、「現役続行」の希望を伝えたという中日・松坂大輔投手。現在は右ひじの炎症のため2軍で調整中だが、復帰の見通しは立っていない。  松坂は、2017年オフに中日の入...

スポーツ

母校・中京学院大中京をスタンド応援!SB松田宣浩が味わった「甲子園の悲劇」

 やっぱり“熱男”は一味違った!?  ソフトバンクの松田宣浩選手が8月20日、第101回全国高校野球選手権大会が行われている甲子園球場を訪れ、自身の母校である中京学院大中京(岐阜)VS星稜(石川)の...

スポーツ

プロ野球「リアル最高年俸選手」は誰だ!(3)SB・柳田はインセンティブで10億以上?

 その巨人をしのぐ潤沢な資金を持つのがソフトバンクだ。プロ野球記者歴50年のベテランで、「夕刊フジ」編集委員の江尻良文氏が言う。 「ソフトバンクは球界にマネー革命をもたらしたと思います。孫オーナ...

スポーツ

米ドラフトに異変「31球団目の日本」という選択肢が急浮上!

 カーター・スチュワート投手のソフトバンク入りは、日本の外国人選手の獲得ルートも変更させてしまいそうだ。    スチュワート投手は、昨年のメジャーリーグ・ドラフト会議でアトランタ・ブレーブスから1...

スポーツ

プロ野球「お笑い交流戦」(3)ロッテ・鳥越ヘッドに翻弄されるソフトバンク

 混戦模様の中で苦しい戦いを強いられているのが、オリックス。交流戦前の時点ではパ5強に置いてけぼりにされ、リーグ最下位に沈む体たらくである。 「西村徳文監督(59)が『ウチは西(勇輝・28)と金子(...

スポーツ

交流戦ルール変更で三木谷浩史オーナー会議議長を警戒する声

“無風状態”ということが、逆に警戒心を高めているようだ。  2019年のプロ野球セ・パ交流戦が6月4日にスタート。それに先駆けて発表されたのが、交流戦の“リーグ別対抗戦”に関連するルール変更だ。 ...

スポーツ

携帯電話「4割得する」料金プラン攻略術(2)ムダなサービスこそ見直せ

 現在、大手3社の料金プランは、利用状況に応じて「使い放題型」と「階段型」に大別される。 「使い放題型」は、スマホでのインターネット利用が多いユーザーに向けた料金プランである。ドコモが6月から打ち出...

ライフ

携帯電話「4割得する」料金プラン攻略術(1)新料金プランは「横並び」に

「携帯料金は4割程度下げる余地がある」と菅義偉官房長官がぶちまけたことで、大手3社が慌てて打ち出した新料金プランが出そろった。読者のお小遣いをも左右する携帯電話代をお得に利用するにはどうすればいいのか...

ライフ

市場規模は数十倍に? 本田圭佑も目をつけた「ドローン」ビジネス

 サッカーの本田圭佑が引退後のビジネス展開を睨んでか、個人ファンドを通じて出資しているドローンビジネス。これまでは空中撮影や農業活用が主だったが、その用途は拡大、「空の産業革命」とも呼ばれている。 ...

ビジネス