性産業一覧

「TwitterのRT懸賞に応募しただけなのに…」32歳の主婦が闇の性産業に堕ちるまで

「きっかけはTwitterの懸賞に応募したこと。よくあるじゃないですか? RT(リツイート)したら抽選で10万円プレゼントとか、総額100万円を山分けとか…。そういうのに応募していたらDMで『当選しま...

ライフ

「ディープフェイクに救われた」32歳の主婦が漏らした本音と“艶系キャリア”

「ディープフェイクのニュースを見て、一瞬ですが、救われた思いがしました。というのも私には家族にも言えない秘密があるので……」  こう話す山本理恵さん(仮名、32歳)は5年ほど前、経済的な理由から企画...

ライフ

性産業キャストの“コロナ転落劇”を追跡「家を引き払ってトランクルームに」

 コロナの影響で以前のように稼げなくなったと言われている性産業で働く女性たち。4月~5月の緊急事態宣言中、営業自粛の対象にこそならなかったが、その後も業績がV字回復する気配はなく、厳しい状況が続いてい...

ライフ

性産業キャストがパチンコ地獄から抜け出せないワケ「店から前借りして…」

 コロナ禍もなんのその、年々遊戯人口が減っていると言われながらも、いまだに昼間からかなりの客数が確認できるパチンコ店。サラリーマンから主婦まで様々な客層を持つパチンコ店だが、実はパチンコ・パチスロ好き...

ライフ

第二の「新井事件」勃発!? 人気俳優が芸能人御用達の“性接待エステ”で大失態

「クライアントは芸能人、会社経営者、弁護士などステータスのある人間ばかり。表向きは誰でも知っている有名メンズエステチェーンですが、”特別会員“になると、予約専用の電話番号を教えてもらえるんです。そこに...

エンタメ

女性向けピンク店が大盛況「カップルコースで“寝取られ願望”を満たしたい」

 性産業のピンク店と聞くと、無条件で男性向けの“性サービス”を思い浮かべるが、最近「女性向け店舗」の人気が急上昇中だという。女性がカネで“性の快楽”を買う世界……そこではいったいどのような行為が繰り広...

ビジネス

ピンク業界に続々参入する“モンスター嬢”の正体「新規の指名を総取り」

 新型コロナウイルス感染拡大により「夜の街」では様々な異変が起きている。感染リスクの懸念からか"接待を伴う飲食店"では客数が軒並み減少し、経営者は頭を抱えながらもなんとか営業を続けるための道を模索して...

ライフ

コロナがあぶり出した偽装結婚の闇「性産業の北欧女性は3万円が払えずに…」

 言うなれば、紙切れ1枚の犯罪……。それだけに罪悪感が薄れ、小遣い稼ぎの気持ちで、犯行に加担する日本人男性が後を絶たないという。  ルーマニア人ホステスと客として知り合い、偽装結婚したとみられる男女...

ライフ

目的はお金じゃなかった!? 32歳の看護師が「パパ活」を始めた理由とは?

「実際に会って話を聞くと本当にひどいと思いますよ。病院内では常にマスクで、1日にアルコール消毒を何度もするせいか、手は荒れ放題。おまけにボーナスも支給されないとあって、生活は大変そうでした。看護師さん...

ライフ

1 2