性産業一覧

海外ピンク嬢の移民申請も可能!? ニュージーランドが性産業に寛容な理由

 わずか3人の新規感染者を出しただけで2月14日から3日間のロックダウンに踏み切ったニュージーランドの首都オークランド。多くの先進国が「withコロナ」を掲げる中、同国が進めているのは「ゼロコロナ」へ...

ライフ

世界一厳しいロックダウンも…ドバイのピンク産業に観光客が押し寄せる理由

 昨年3〜4月には市内全域を対象に外出禁止令が発令。当局がドローンを使って監視するなど「世界一厳しいロックダウン」とも言われたアラブ首長国連邦(UAE)の都市ドバイ。1月中旬現在、出発96時間以内のP...

ライフ

アフターピルの市販薬化で性産業が激変!? 会員制ピンク店に“ナマ活”女子も…

 避妊に失敗したり性暴力の被害に遭ったりと、望まない妊娠を防ぐために用いられるアフターピル。これは性的行為に及んでから72時間以内に服用すれば95%の確率で避妊できると言われる緊急避妊薬のことで、計画...

ライフ

「TwitterのRT懸賞に応募しただけなのに…」32歳の主婦が闇の性産業に堕ちるまで

「きっかけはTwitterの懸賞に応募したこと。よくあるじゃないですか? RT(リツイート)したら抽選で10万円プレゼントとか、総額100万円を山分けとか…。そういうのに応募していたらDMで『当選しま...

ライフ

「ディープフェイクに救われた」32歳の主婦が漏らした本音と“艶系キャリア”

「ディープフェイクのニュースを見て、一瞬ですが、救われた思いがしました。というのも私には家族にも言えない秘密があるので……」  こう話す山本理恵さん(仮名、32歳)は5年ほど前、経済的な理由から企画...

ライフ

性産業キャストの“コロナ転落劇”を追跡「家を引き払ってトランクルームに」

 コロナの影響で以前のように稼げなくなったと言われている性産業で働く女性たち。4月~5月の緊急事態宣言中、営業自粛の対象にこそならなかったが、その後も業績がV字回復する気配はなく、厳しい状況が続いてい...

ライフ

性産業キャストがパチンコ地獄から抜け出せないワケ「店から前借りして…」

 コロナ禍もなんのその、年々遊戯人口が減っていると言われながらも、いまだに昼間からかなりの客数が確認できるパチンコ店。サラリーマンから主婦まで様々な客層を持つパチンコ店だが、実はパチンコ・パチスロ好き...

ライフ

第二の「新井事件」勃発!? 人気俳優が芸能人御用達の“性接待エステ”で大失態

「クライアントは芸能人、会社経営者、弁護士などステータスのある人間ばかり。表向きは誰でも知っている有名メンズエステチェーンですが、”特別会員“になると、予約専用の電話番号を教えてもらえるんです。そこに...

エンタメ

女性向けピンク店が大盛況「カップルコースで“寝取られ願望”を満たしたい」

 性産業のピンク店と聞くと、無条件で男性向けの“性サービス”を思い浮かべるが、最近「女性向け店舗」の人気が急上昇中だという。女性がカネで“性の快楽”を買う世界……そこではいったいどのような行為が繰り広...

ビジネス

1 2 3