ワクチン接種一覧

世界に学ぶ「緊急事態宣言」解除後のニッポン(2)日本でも10月から人体実験

 やはり頼みはワクチン接種のようだが、普及によってそれまでの反動から規制が緩んでしまうケースも出ている。 「当初、ワクチン接種が順調に進んだため、CDC(米国疾病予防管理センター)が、ワクチンを打っ...

ライフ

疑惑のワクチン?パックン、高市早苗氏の2回目接種”証拠写真”が疑われた理由

 お笑いコンビ・パックンマックンのパックンこと、パトリック・ハーランが新型コロナウイルスワクチンの2回目接種を受けたことを9月22日更新のツイッターで報告したが、ネット上では〝疑惑〟の声が続出している...

エンタメ

「コロナ悪徳商法」の闇実態(2)持続化給付金制度も食い物に

 特効薬がない未知のウイルスへの対抗策として、現時点でいちばん有効とされる手立ては「ワクチン接種」だ。今年2月に先行接種が開始され、すでに国民の半数以上が2回目の接種を済ませている。しかし、ワクチン接...

ライフ

新型コロナ「ワクチンなんもしない人」の仰天主張(2)米アンチコロナは分断の象徴

 実際、フランスではいち早く「ワクチンパス」の導入に踏み切ったものの、依然として反ワクチンデモが全国的に繰り広げられるなど、拒否反応が根強いという。 「フランス人の国民性に、常に反権力的なニヒリズム...

ライフ

新型コロナ「ワクチンなんもしない人」の仰天主張(1)ロックダウンの反動が来た

 日本では新型コロナ患者の新規感染者数こそ減少傾向を示しているものの、昨年来の「増加→減少→増加」のスパイラルじゃないかとタメ息が出るばかり。果たしていつになったらマスクを取って居酒屋でビールを痛飲で...

ライフ

大阪・パチンコ店の“ワクチン接種会場”に広がる大絶賛と業界イメージ回復

 9月13日と14日、大阪市北区にあるパチンコ店「フリーダム」で新型コロナウイルスのワクチン接種が行われた。従業員やその家族のほか、北新地の飲食店組合や近隣住民らを対象に約1500人分のワクチンが用意...

ビジネス

ワクチン接種「ムダ死に」慟哭の闇実態(3)30代以下は接種の必要なし

 免疫強化のために3度、4度という「ブースター接種」が話題になっているが、その効果にも疑問符が付く。 「製薬会社が必要性を訴えていますが、アカデミックな根拠はありません。確かに、ワクチンを打つごとに...

ライフ

ワクチン接種「ムダ死に」慟哭の闇実態(2)臨床試験で「マヒ性疾患」発症

 この悲劇について近藤氏は、製薬会社ごとに異なる接種環境を理由として挙げる。 「今回のようなモデルナ製による副作用について、きちんと報告されているかには疑問符が付きます。かかりつけ医が打つファイザー...

ライフ

ワクチン接種「ムダ死に」慟哭の闇実態(1)接種3日目に呻き声を上げ

「是が非でも打つべし」というムードが高まっている。しかし、コロナワクチン接種後に非業の死を遂げた数多くの人たちの存在を無視してはいないだろうか。しかも、そのいずれもが「ムダ死に」だというのだから穏やか...

ライフ

厚労省HPに偽装!「ワクチン詐欺メール」巧妙化する手口の見抜き方

 フィッシングメールとは、ECサイトや銀行などを装った詐欺メールをターゲットに送りつけ、クレジットカード番号などの個人情報を窃取しようとするものだが、昨今の新型コロナワクチン接種をめぐる混乱状況に乗じ...

ライフ

1 2 3