アンジャ渡部の飲食業界転身の噂に元職場の豊洲市場関係者が首をかしげるワケ

 昨年6月の不貞報道以来、芸能活動を自粛し、いまだに復帰のめどが立っていないのは、お笑いコンビ・アンジャッシュ・渡部建。

 大みそか恒例の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」(日本テレビ系)の人気企画、「絶対に笑ってはいけない」で復帰する予定が、放映前に情報が漏れ、ニュースで騒がれてしまったことで出演シーンはお蔵入りに。さらに、2月には東京都の豊洲市場で働く姿が報じられ、芸能界引退も噂されていた。

 そして9月28日、渡部が飲食店開業へ向けて準備段階にあることを日刊ゲンダイDIGITALが報じたことで、また世間をざわつかせている。

 そんななか、渡部の元同僚である豊洲市場関係者の男性はこう首をかしげる。

「ニュースを見たけど、あれは本当かね? もし飲食店を始める準備をしているなら、仕入れ先を見つけるためにまずは市場に足を運ぶんだろうけど、都内の市場はだいたい一見さんお断りだから、来るとしたらヤツが働いてたツテがあるウチの市場だろ。だけど、渡部が働いていた水産棟にも、俺が働いてる青果棟にもヤツが来たって話は聞かないね。ってことは、まだ物件なんかも決まってなくて、飲食店やろうかって話が出たばっかりなんじゃないの? まあ、飲食関係の知り合いも多いみたいだし、グルメ本も出してるくらいの食通らしいから、支援してくれるバックがいれば店の1軒くらい持てるかもしんねえが…」

 先に情報が漏れたことで出演がキャンセルとなり、人気番組での復帰のチャンスを逃してしまった渡部。今回の飲食店プロデュースの話も、こうして騒がれたことで立ち消えにならなければ良いのだが。