宮本和知一覧

巨人・宮本コーチの気の毒なくらいの気遣い/セ・パ交流戦の「危険球男」(2)

 同じくトレード話にコト欠かないのは、巨人・小林誠司(32)である。今季はファームに幽閉される飼い殺し状態を余儀なくされていたが、2日の西武戦から1軍に昇格。ようやく、山が動いたというのだ。 「今回...

スポーツ

引退後も安泰!?日ハム・杉谷拳士に北海道テレビ界が熱視線

 規定打席に到達したことは一度もないが、両打ちと内外野守れるユーリティリィ性でチームには欠かせない存在となっている北海道日本ハムの杉谷拳士(30)。とんねるず・石橋貴明の母校、帝京高校の後輩としても知...

スポーツ

原巨人「2位でもグダグダ」緊急事態(3)宮本コーチが「電話番」に格下げの深刻事情

 ベンチ内も険悪ムード一色だ。ムードメーカーとして巨人のリーグ連覇を支えてきた宮本和知投手チーフコーチ(57)は、指導者生活の瀬戸際に直面している。 「マウンドやベンチで投手に助言を送るような投手コ...

スポーツ

「9回打ち切り」総力戦のカギを握る巨人ブルペンの”名ゼリフ”とは

 あのセリフが、今年はもっと聞けそうだ。  ペナントレース開幕戦目前の3月24日、巨人・原辰徳監督が「9回打ち切り制」について触れ、「いかに主導権を握って戦うかというのが重要だと思います」と語った。...

スポーツ

小久保ヘッドが“工藤構想”を否定!? プロ野球“着火寸前”の火種を裏レポート

 無観客での実施、チーム関係者のみならず、報道陣へのPCR検査実施など、異例の厳戒態勢が敷かれているプロ野球キャンプ。コロナ対策は万全でも、チーム内には着火寸前の導火線が‥‥。セ・パを制した常勝軍団の...

スポーツ

原巨人「桑田入閣」は「脱長嶋」の序章、背番号「73」を背負う意味とは?

 巨人に仰天の新春サプライズ人事が飛び出した。なんと、かつての大エースがコーチングスタッフとして原政権に電撃入閣したのだ。確執が噂された因縁の相手を呼び寄せた全権監督の思惑とは——。  1月12日の...

スポーツ

巨人「1000勝監督」原マジックの奥義(1)球団上層部に「黙ってろ」と反論

 巨人が5年ぶりのセ・リーグ優勝に邁進している。球団史上ワーストタイとなる4年連続V逸中のチーム再建へ向けて、硬軟自在の采配術を駆使しているのが、3度目の指揮官就任となった原監督だ。昨季までとはガラリ...

スポーツ

ヤクルト連敗脱出で囁かれる「次は菅野不在の巨人の番!」

 DeNAが10連敗、ヤクルトもリーグワーストタイの16連敗を喫し、「次は原巨人の番」なる声が出ている。 「エースの菅野が登録を抹消され、6月2日にようやくブルペン投球を始めました。といっても、20...

スポーツ