中田翔一覧

清田育宏氏のロッテ提訴は「2人の有名人」が後押しに!?ネットで指摘

 前代未聞の事態に!?  昨年秋、札幌遠征中に球団のルールに違反する形で不貞相手の一般女性と会食。今年1月に無期限の謹慎処分を受けると、処分が解除された5月に緊急事態宣言下ですぐさま別の女性と逢瀬。...

スポーツ

巨人を崩壊させた「戦犯」の背信プレー(1)得点圏打率が1割以下の主軸

 2年連続でリーグ優勝を果たし、3年目で集大成を迎えるはずだった原ジャイアンツがシーズン最終盤で歴史的な大失速に陥った。ほうほうの体でCS出場圏内の3位には滑り込んだものの「球界の盟主」の面影はどこへ...

スポーツ

斎藤佑樹「ハンカチ裏面史」(2)”査定システムが故障”の揶揄も

 初の完封勝利やバースデー勝利を上げた12年シーズン半ばまでがピークで、勝ち星は遠のき、過酷な運命が待ち受けることに。 「2軍調整を余儀なくされた後半戦あたりから、勤続疲労と、大学時代の古傷だった左...

スポーツ

セ・パCS最終争いの「重大事件」(1)中田翔への激励はミスターの独断行動だった

 リーグ制覇、CS進出を懸けたペナントレースもラスト1カ月の決戦を残すのみ。セ・パ上位3球団がしのぎを削る舞台裏では、そこかしこで〝大事件アラート〟が鳴り響いている。球界事情通たちを緊急招集すると、新...

スポーツ

世界の福本豊 プロ野球“足攻爆談!”「巨人の勢いを止めた中田翔の加入」

 巨人が9月上旬に泥沼の6連敗を喫した。 「わっしょいベースボール」を威勢よく掲げて、首位固めに入りそうなところからガタガタになった。ほんまに野球は恐ろしいし、ナメたり、油断したらアカンということを...

スポーツ

「野球なんかしてもつまんねえぞ」巨人育成選手の暴言騒動に集まった失笑とは

 野球を見せてファンからお金を取る。それがプロ野球選手なのだから、球団が注意するのは当然だが…。  遡ること今年7月13日、2020年育成ドラフト11位で入団した保科広一選手が埼玉県戸田市で行われた...

スポーツ

中田翔「暴力移籍を美談に」を断罪する(3)最後まで面倒は見ない

 かつては松井秀喜(47)の大ファンでG党でもあったという、コラムニストの亀和田武氏は、 「素行が問題視された中田が巨人に入ったのは、実はピッタリじゃないか」  としてこう皮肉る。 「『球界の紳...

スポーツ

中田翔「暴力移籍を美談に」を断罪する(2)「黒い物も白」の球団本質を見た

 そんな「暴力移籍」が美談にすり替わった最大要因は、ミスターの担ぎ出しに他ならない。この見え見えのイメージアップ戦略にはさすがのG党も大ブーイングを寄せている。例えば93万回以上再生されている件の動画...

スポーツ

1 2 3 4