高市早苗一覧

自民党「女性総裁」成り上がり争奪戦(2)高市早苗氏は「抜群の集金力」が武器

 対抗と目されるのは高市早苗経済安保相(62)。派閥に属さない一匹狼だが、昨秋公開の収支報告書では1億2000万円以上を集めているほどで、男性議員を含めたポスト岸田の中でも断トツの集金力を誇る。 「...

ライフ

待ったなし「ポスト岸田」の大暗闘(2)高市早苗氏は用意周到

 対抗は21年の党総裁選に出馬し、岸田総理に2位で敗れた河野太郎デジタル相(60)だ。  河野氏はマイナンバー制度を巡る問題で、マイナカード返納は「微々たる数」と居丈高に発言したこともあり、調整に失...

ライフ

ポスト岸田に急浮上「上川陽子外相」の豪胆素顔(1)「2浪して東大」人呼んで「不屈の人」

 やることなすこと裏目ばかり。見当違いな減税カラ手形に、内閣改造直後の政務三役のドミノ辞任。もはや中折れ状態の岸田政権を見限って、水面下では“ポスト岸田”探しが進行中だ。すると意外にも「日本初の女性総...

ライフ

岸田自民には任せられない「日本保守党」大研究(3)バイデン政権と公明党の圧力

 実際に日本保守党を支持する人はどのような思いを抱いているのか。10月17日、都内で開かれた結成記念パーティーに参加した福井県立大学・島田洋一名誉教授が言う。 「私も支持のきっかけは、LGBT法。自...

ライフ

処理水で“汚染”していても中国船が獲ったらOKという日本産水産物禁輸のお粗末

 9月25日から29日まで、オーストリアのウィーンでIAEA(国際原子力機関)の年次総会が行われ、福島第一原発処理水を中国が「核汚染水」だと非難したのに対し、日本から出席した高市早苗科学技術担当大臣は...

ライフ

「百田尚樹新党」誕生「安倍を継承」の衝撃舞台裏!(2)安倍派分裂で政界再編へ

 むろん正式な船出はまだ先のことながら、ネット上では、新党に合流しそうな人選が先物買いされている。高市早苗経済安全保障担当相(62)、杉田水脈議員(56)、小野田紀美防衛政務官(40)など保守派議員の...

ライフ

奈良県知事選惨敗の“戦犯”高市早苗氏の二の舞か「負けたら世耕のせい」の声出る衆院和歌山補選

 4月9日に投開票があった統一地方選挙前半では、高市早苗経済安全保障担当大臣の地元、奈良県の知事選挙で保守の候補者が分裂。結果、日本維新の会の候補者が当選して、大阪以外の県で初の維新公認知事が誕生する...

ライフ

高市早苗氏「“捏造”文書問題+刑事告発」で崖っぷちに立たされた!

 他の重要な政治的課題そっちのけで国会で熱を帯びている、総務省の「内部文書」流出問題。当時、総務相だった高市早苗経済安全保障担当相は、当初は自身に関わる4文書は「まったくの捏造」としていたが、その後は...

ライフ

高市早苗「安倍文書」で墓穴!国会が揺れた「紙爆弾」秘史(3)人格攻撃で叩き潰された

 政治部デスクが回顧する。 「最も衝撃的だったのが、国会の爆弾男と呼ばれた楢崎弥之助元衆院議員です。ロッキード事件など政治スキャンダルでは先頭に立って追及しましたが、特に88年に政財界を揺るがす大騒...

ライフ

高市早苗「安倍文書」で墓穴!国会が揺れた「紙爆弾」秘史(1)総務省が恨みをつのらせ…

「議員辞職しろ!」「全くの捏造だ!」国会に投下された内部文書が焼夷弾のごとく燃え広がっている。たかが紙切れ1枚と笑うなかれ、時には大臣のクビも吹っ飛ばす最終兵器へと大化けするのだ。議事堂をガタガタ揺る...

ライフ

1 2 3