野村克也一覧

長嶋茂雄×野村克也「実録ライバル史」(15)プロ入り4カ月で「巨人の4番」に

 1958年8月6日、巨人・長嶋茂雄は対広島17回戦(広島)で、打撃の神様と呼ばれた川上哲治に代わって初めて4番に座った。水原茂監督(当時は円裕)の大抜擢だ。  球界を代表する「巨人の4番打者」に、...

スポーツ

長嶋茂雄×野村克也「実録ライバル史」(14)野村を正捕手にした「400フィート打線」

 野村が正捕手への足場を築いたのは56年だ。マスクを被る機会には恵まれたものの、打撃がなかなか向上しない。先輩の松井淳にリードでは勝てない。経験、実績が違う。勝つにはバットしかなかった。野村は「打てる...

スポーツ

長嶋茂雄×野村克也「実録ライバル史」(13)デビュー戦は「4打席連続空振り三振」

 1958年4月5日、後楽園球場は4万5000人の大観衆で膨れ上がっていた。4連覇を狙う巨人の開幕戦だ。相手は前年4位の国鉄(現ヤクルト)。13時半試合開始。  この試合で22歳の黄金ルーキー・長嶋...

スポーツ

長嶋茂雄×野村克也「実録ライバル史」(12)初のキャッチボール相手はのちのジャイアント馬場

 翌年の2月15日、長嶋は東京駅旧東海道線の15番ホームに立った。夜行列車である。立大の野球部員とともに、南海入りを決めていた杉浦が激励した。キャンプ地・明石までは12時間の長旅だ。  到着した当日...

スポーツ

長嶋茂雄×野村克也「実録ライバル史」(10)「契約しないならば飛び込んで死にます

 野村克也にとっても、57年は大きな飛躍の年になった。プロ入り4年目、22歳にして30本塁打を放って、初のタイトルである本塁打王を獲得した。前年は7本塁打だった。  野村は「ずっと試合に出してもらえ...

スポーツ

長嶋茂雄×野村克也「実録ライバル史」(9)「プロに入る前に人間を作ってもらう方が先だ」

 1957年11月3日、文化の日だった。午後1時35分、明治神宮野球場で東京六大学野球・立教大学対慶応大学2回戦のプレーボールがかかった。  0対0で迎えた5回裏、立大4年・長嶋茂雄が先頭打者として...

スポーツ

1 2 3 4 5