配達員一覧

ひき逃げに性犯罪…相次ぐ不祥事の風評被害に遭うウーバー配達員の嘆き

 米宅配サービス大手「ウーバーイーツ」が、鳴り物入りで日本に参入してきたのは2016年のこと。その革新的なサービスは、瞬く間に日本で大流行し、街中を自転車で疾走する姿は〝クール〟なものだった。しかし、...

ライフ

ラーメン店員「ブチギレ動画」で注目、被害投稿者が訴えられるリスクは?

 ウーバー絡みのニュースといえば、配達員による暴走運転・マナー違反や運営側のブラックぶりなど加害者側の立場として報じられる機会が多いが、今回は被害者として世間の注目を集めた。  2021年4月13日...

ライフ

「Uber」のロゴを黒塗りにする理由とは?配達員が明かす“覆面ウーバー”の正体

 公道での当て逃げや信号無視、首都高暴走など、これまで配達員の危険運転がたびたびニュースで報じられてきたウーバーイーツ。最近では逆に、ウーバー配達員に対する煽り運転や幅寄せなど、嫌がらせの標的になるケ...

マネー

「ウバッグ狩り」に路上ゲンカも…競争激化でウーバー配達員のトラブル急増中

 東京・新宿区のマンションに住む女性宅玄関前に新聞紙を置き、火をつけたとしてウーバーイーツ配達員の男(29)が1月6日までに、現住建造物等放火未遂の容疑で警視庁に逮捕された。  全国紙社会部記者が語...

ビジネス

「ドアを開けたら女性がマッパで…」ウーバー配達員が遭遇したトンデモ注文客

「つい先日にも、配達員が逮捕されたっていうニュースが出ていましたよね。現金5万円を渡して女子中学生に卑猥な行為をした容疑だそうですが、わざわざ『ウーバーイーツ配達員』と報じることに何の意味があるのか…...

ライフ

当て逃げ報道で批判殺到!“ウーバー配達員”が逮捕されない驚きの理由とは?

 新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛ムードによって、存在感を一気に高めた「ウーバーイーツ」。なかなか外食に出かけられない時に、お気に入りの店舗のメニューを配達してもらった人もいれば、コロナ不況...

ライフ

「ウーバー配達員」に当て逃げされたら泣き寝入り!?「本部対応」に批判殺到

「先日、路上のパーキングメーターで車を駐車させていたら、サイドミラーに大きな傷がついていたんです。うっかりして折りたたんでいなかった自分も悪いと思っていますが、車道をものすごいスピードで走る自転車を見...

ライフ

「夜のピンク店からウーバー配達員に」38歳バツイチ女性が驚きの副業を告白

 これまでコロナ関連の倒産は350件におよんでいるが、経済的苦境に立たされているのは個人事業主も同じだ。夜の性産業で働く女性たちの大半は個人事業主と言われ、彼女たちの窮状もよく耳にする。  今回、ギ...

ライフ

ウーバーイーツの中古バッグが倍以上の高値で売れる!? そのヤバい使い道とは…

 最近、都内でよく見るのが、ウーバーイーツの配達員。2万店を超える登録飲食店から、スマホひとつで出前が取れるのだから、巣ごもり生活にはうってつけ。そんなわけで利用者が激増中、それに伴って配達員も増えて...

マネー

マナー違反に苦情殺到!? ウーバーイーツ配達員が「首都高暴走」したワケ

 5月12日正午過ぎ、料理宅配サービス「ウーバーイーツ」の宅配バッグを背負った配達員とみられる自転車が、進入禁止であるはずの首都高速道路4号線上りを走行しているのが目撃され、警察に通報される事態となっ...

ビジネス

1 2