井口資仁一覧

ロッテ・佐々木朗希に囁かれ始めた「ブルペンでは怪物、マウンドは別人」

 令和の怪物・佐々木朗希がエキシビションマッチ初戦となる阪神戦でつまずいた(7月27日)。初回、佐藤輝明に2ランを浴びた。この日の最速は156キロ。41球を投げて3回3安打2失点。佐藤の2打席目は3球...

スポーツ

ロッテ・井口監督は‟火だるま‟美馬を見放した?/プロ野球 交流戦後の地殻変動(3)

 交流戦終了まもなく、最速161キロのセットアッパー・国吉佑樹(29)=元DeNA=と〝加藤バズーカ〟の異名を持つ捕手・加藤匠馬(29)=元中日=をトレードで獲得したのはロッテ。オフにメジャーに移籍し...

スポーツ

一軍デビュー間近!怪物・佐々木朗希が直面する「2つの壁」とは

 令和の怪物・佐々木朗希の一軍登板日が検討されていた。早ければ、5月3日からの本拠地での日本ハム3連戦での先発デビューとなりそうだ。  これは、千葉ロッテ・井口資仁監督が明かしたもの。去る4月2日の...

スポーツ

佐々木朗希、先発登板で露呈した「ガラスのハート」と「フォームのズレ」

「弱点」が露呈してしまった。令和の怪物・佐々木朗希の一軍戦デビューはオールスター戦明けとなりそうだ。  去る3月23日、千葉ロッテの佐々木がプロ2年目で初めての先発マウンドに臨んだ。2回2失点と振る...

スポーツ

佐々木朗希の“本拠地デビュー”が先送りに、シート打撃で着目すべき点とは?

 令和の怪物・佐々木朗希の実戦デビューが遠のいた。当初、3月5日からの埼玉西武との本拠地2連戦が示唆されていたが、千葉ロッテ・井口資仁監督は「シート打撃で良ければ、静岡(9〜11日の東北楽天戦)の帰り...

スポーツ

球速よりも“回復力”に着目、佐々木朗希のプロ初登板が不安視される理由

 初登板よりも重要なことが隠されていた。  3月6日から本拠地で行われる埼玉西武との2連戦で、ついに佐々木朗希投手がベールを脱ぐと報じられた。2月27日の練習試合後、千葉ロッテの井口資仁監督が今後の...

スポーツ

チーム内で冷笑も…ロッテ松中臨時コーチの評判と佐々木朗希の“過保護待遇”

 今キャンプの招聘をNPB復帰の足掛かりとしたいのは、ロッテ・松中信彦臨時コーチ(47)だ。その思惑をパ・リーグ関係者はこう明かす。 「井口資仁監督(46)とはアマチュア時代こそ合コンの席を共にする...

スポーツ

城島の現場復帰も!? ソフトバンク春季キャンプに見た「ポスト工藤」の青写真

 2月1日、プロ野球春季キャンプが始まった。5年連続日本一を目指す福岡ソフトバンクホークスではOBでもある小久保裕紀・新ヘッドコーチに注目が集まった。初日は一歩引いたところからチーム全体を見渡していた...

スポーツ

切り札は野茂英雄氏!? メジャーの菅野争奪戦でレジェンドの名が浮上した理由

 交渉期限となる1月8日午前7時(日本時間)が迫っている。  菅野智之投手(31)が米国入りした1月3日、MLB公式ページは、その交渉相手はブルージェイズ、SFジャイアンツ、メッツの3球団に絞られた...

スポーツ

【地獄耳座談会】球界「場外乱闘」をバラす!「内川は工藤監督への批判で…」

 異例の短縮日程で開催された2020年のプロ野球レギュラーシーズンも終幕へ。コロナ禍の影響でメディアの取材活動が制限される一方、公にはしづらい「場外乱闘」が多発していた。そこでペナントレースを独自総括...

スポーツ

1 2 3