菅野智之一覧

巨人を崩壊させた「戦犯」の背信プレー(1)得点圏打率が1割以下の主軸

 2年連続でリーグ優勝を果たし、3年目で集大成を迎えるはずだった原ジャイアンツがシーズン最終盤で歴史的な大失速に陥った。ほうほうの体でCS出場圏内の3位には滑り込んだものの「球界の盟主」の面影はどこへ...

スポーツ

セ・パCS最終争いの「重大事件」(1)中田翔への激励はミスターの独断行動だった

 リーグ制覇、CS進出を懸けたペナントレースもラスト1カ月の決戦を残すのみ。セ・パ上位3球団がしのぎを削る舞台裏では、そこかしこで〝大事件アラート〟が鳴り響いている。球界事情通たちを緊急招集すると、新...

スポーツ

侍エース・山本由伸の密会報道に「それはアカン」野球ファン懸念のワケ

 プロ野球・オリックスの山本由伸投手とモデルの野崎萌香が、ホテルで密会していたことを7月27日配信の「NEWSポストセブン」が報じた。すると野球ファンからは悲鳴が……。  山本といえば東京五輪に出場...

スポーツ

矢野・阪神VS原・巨人「優勝するのはどっちだ!?」(2)大山には期待しすぎるな

 では投手陣はどうか。巨人ではやはり、エース菅野智之(31)に注目が集まる。江本孟紀氏も、 「菅野が勝ち星を積み重ねることが優勝のカギですね。柱としては彼以外にいないでしょう」  と期待したものの...

スポーツ

巨人・原監督も手を出せない菅野の「越権行為」/プロ野球 交流戦後の地殻変動(1)

 12年ぶりのセの勝ち越しや11年ぶりオリックスの優勝など、例年とは様変わりしたセ・パ交流戦は、今後のペナントレースに変化をもたらしそうだ。冷や飯を食らわされた常勝軍団のそこかしこに暗い影がチラつき始...

スポーツ

侍ジャパンも知らなかった?「韓国版・宮城大弥」は要注意

 6月16日、侍ジャパンのメンバー、24人が発表された。稲葉篤紀代表監督は改めて「金メダル獲得」への思いを語っていたが、オリックスの好左腕・宮城大弥投手の落選に驚く声も多く聞かれた。今、もっとも勢いの...

スポーツ

背信登板続く菅野に囁かれる”桑田コーチ補佐直伝”「カーブ習得」の後遺症

 交流戦最後の試合を白星で飾れず、3季ぶりの交流戦負け越しを喫した原巨人。最終カードである千葉ロッテ戦は先に2勝を挙げ、勝ち越しは決まっていたのだが、勝って交流戦を終えるのと負けるのとでは大違いだ。 ...

スポーツ

トレード要員は返上?「小林誠司」を活かす”救援捕手”というポジション

「スガコバ・コンビ」が復活した(6月6日)。エース菅野智之は復帰マウンドを勝利で飾れなかったが、注目は今季初スタメンの小林誠司捕手。小林も6月2日に一軍復帰したばかりで、菅野とのコンビは昨年の開幕戦以...

スポーツ

原巨人、バッテリーコーチ配置換えで急転!?「小林誠司捕手の放出」問題

 巨人は実松一成二軍バッテリーコーチを一軍担当とし、5月25日から始まったセパ交流戦を戦う。チーム防御率3・36はリーグ4位と振るわず、救援陣にいたっては3・88(同5位)とさらに落ち込んでいる(24...

スポーツ

原巨人「2位でもグダグダ」緊急事態(1)菅野智之の「口害」が止まらない

 開幕前の下馬評では圧倒的な戦力と陣容で、首位を独走すると思われていた原巨人。ところがふたを開けてみれば、絶対的エースと主力選手が相次いで戦線離脱。さらには期待の外国人選手も不発で、ベンチ内は内紛含み...

スポーツ

1 2 3 4 6