岸田文雄一覧

悪い「岸田インフレ」を乗り切る生活防衛術を専門家が指南(4)「所得倍増計画」が「格差倍増」に 

 こうした閉塞感を打開すべく岸田内閣が骨太の方針として打ち出したのが、「資産倍増計画」だ。 「貯蓄から投資へという政府の提言は年金など資産をNISAやiDeCoなど自分で投資するシステムです。銀行預...

ライフ

悪い「岸田インフレ」を乗り切る生活防衛術を専門家が指南(3)朝食代で7万円浮かせる

 物価高と賃金停滞により日本は深刻なスタグフレーションの状況にある。経済評論家の荻原博子氏が警鐘を鳴らす。 「ただ、企業業績を見ると大手企業は過去最高益を計上しています。どの企業も自分の身を守るため...

ライフ

悪い「岸田インフレ」を乗り切る生活防衛術を専門家が指南(2)ファミレス客は金持ちばかりに

 値上げも待ったなしだ。経済部記者が説明する。 「6月以降も食品は続々値上げとなる見込みです。大手スーパーのイオンは昨年9月に『価格凍結』を宣言し、プライベートブランドの『トップバリュ』の食料品など...

ライフ

悪い「岸田インフレ」を乗り切る生活防衛術を専門家が指南(1)黒田発言で円安が一気に加速

 じっと息を潜めて、コロナ禍をやり過ごしたかと思えば、今度は急激な物価高の襲来。おまけに1ドル135円の超円安まで引き連れてくるとはもはや盗人に追い銭同然。政府の無為無策が引き起こした〝岸田インフレ〟...

ライフ

パパ活疑惑で雲隠れ、吉川赳議員のTwitter拡散で丸川珠代議員が赤っ恥

 参議院選挙の公示を6月22日に控え、自民党が揺れている。火種は18歳女子学生との「パパ活疑惑」が報じられた吉川赳衆院議員。説明責任を果たさないまま、6月15日に国会は閉会。以降も雲隠れ状態は続き、こ...

ライフ

中国VS日米同盟「10.1台湾有事」シミュレーション【4】長崎・佐世保基地も危ない

 国際社会から孤立した中国の反撃の一手。それこそ、在日米軍基地への攻撃にほかならない。もはや、事態は台湾有事のスケールを飛び越えた「米中戦争」の局面に移行する。 「まず、日本の東京や大阪をはじめとす...

ライフ

中国VS日米同盟「10.1台湾有事」シミュレーション【3】カミカゼ・ドローンを活用

 台湾在住ジャーナリストが語る。 「経済大国に成長した中国をしても、米国の軍事力との差には天と地ほどの開きがあり、やすやすと埋められない。そもそも使用する武器の品質のレベルが違う。かねてから〝威嚇演...

ライフ

中国VS日米同盟「10.1台湾有事」シミュレーション【2】「斬首作戦」で大パニック

 今日のロシアは明日の中国と言わんばかりに緊張感が高まるアジア情勢。では、中国はどのようなプロセスで台湾進攻作戦を実行するのか。軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏は、「まず、サイバー攻撃による大規模な奇...

ライフ

中国VS日米同盟「10.1台湾有事」シミュレーション【1】内部文書に「軍事介入の日」

 ロシアが兄弟国のウクライナに侵攻したように、中国が「祖国統一」を掲げて台湾に攻め込むXデーが現実味を帯びてきた。人民解放軍が戦端の火蓋を切れば、アメリカ軍は「台湾防衛戦」に本格介入。同盟国の日本も対...

ライフ

岸田首相が断言「外国人観光客が来れば円安は追い風」は本当か?

 6月5日、福島県郡山市内で開かれた会合の中で、岸田文雄首相が「外国から観光客が来れば円安は追い風になる」と発言したことに対して、ネット上では反発の声が相次いでいる。  新型コロナウイルスの水際対策...

マネー

1 2 3 4 6