オンライン在庫は「×」ばかり…ディズニー新グッズ「条件付き」販売方法にファン悲鳴

 東京ディズニーシーの新テーマポート「ファンタジースプリングス」のグランドオープンを記念した新グッズの先行販売が5月28日からスタートしたが、直後からオンライン販売での売り切れが続出したためファンから悲鳴が上がっている。

 魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界「ファンタジースプリングス」をテーマにしたグッズは総計99点。どれもファン垂涎の商品だけに、多くの人がサイトにアクセスしたようだ。ところがスタート早々から売り切れ商品が続出し、オンライン在庫は「×」ばかり。楽しみにしていたファンは怒り心頭だ。

 エンタメ誌記者が語る。

「ファンタジースプリングスの新グッズを買うためには、パーク内最大のグッズショップ『エンポーリオ』や『スリーピーホエール・ショップ』へ入店するための“スタンバイパス”を取得するか、オンラインでの購入が求められていました。ところが蓋を開けてみれば、オンラインは売り切れが続出し、スタンバイパスが取れなかった人はもうなす術がない状態。これではファンから不満の声が上がるのも当然でしょうね」

 ディズニーグッズを巡っては、これまでも品切れや購入希望者の長蛇の列が問題視され、物議を醸してきた。昨今はグッズひとつ買うにもショップに入店するためのスタンバイパスの取得が必要になっている。

 新グッズにはワクワクさせらるが、まずは希望者が気軽に購入できるようなシステムになってほしいものだ。

(ケン高田)

エンタメ