脱税逮捕「青汁王子」の金まみれ私生活と罪意識の低さにビックリ

 架空の広告費を計上するなどして法人税など約1億8000万円を脱税したとして、2月12日に東京地検特捜部に逮捕された“青汁王子”こと、メディアハーツ社長の三崎優太容疑者。三崎容疑者は「税金を払いたくなかった」などと容疑を認める供述をしているという。

「札幌市生まれの三崎容疑者は高校中退後からアフィリエイトで儲け、18歳のときに地元で通販会社のメディアハーツを立ち上げた。そこで飲みづらいイメージだった青汁を『すっきりフルーツ青汁』として売り出すや、これが空前の大ヒットとなり会社は急成長。“青汁王子”としてメディアにもたびたび登場するようになりました。最近では、仮想通貨取引をはじめ50億円の含み益があることをツイッターなどで自慢げに語っていたんです」(夕刊紙記者)

 羽振りの方も相当よかったらしく、自身のインスタグラムではフェンディやグッチなどの高級ブランド品を爆買い豪遊する写真を掲載したり、フェラーリ、ベントレー、ランボルギーニなどの高級外車を乗り回していることもアピール。家賃100万円のタワーマンションに住み、計4頭、総額2億2400万円の競走馬を所有していることも明らかにしている。
 
「本人が『欲しいものは必ず手に入れる』と公言しているように、自分の欲求を動かしたものは、片っ端から買い漁っていたようです。しかも、逮捕前にもヤフオクに8億8000万円で出品されたストラディバリウスと見られるバイオリンについて『全力で買う』と購入に意欲を燃やしていました」(前出・夕刊誌記者)

 2月17日に「サンデー・ジャポン」に出演した堀江貴文氏は、三崎容疑者と逮捕前日に会っていたことを明かし、その際、三崎容疑者は「逮捕されてもテレビでられますかね」などと質問したといい、まったく悲壮感がなかったという。

 次は何王子を狙うというのか。

(小島洋三)

マネー