「天下一品」50周年企画で“超こってり”登場もファンから絶望の声が出るワケ

 鶏ガラベースのこってりラーメンが人気の「天下一品」が、創業50周年を記念する特別企画として2月1日~28日までの1カ月間、「超こってり」(税込1200円)を全国の店舗で販売するというが、“1日先着5食限定”のため諦めの声も上がっている。

「天下一品のこってりスープは創業者の木村勉氏が3年9カ月もの歳月をかけて完成させ、創業以来愛され続けています。そんな中、ファンからは『もっと濃い“こってり”が食べてみたい』という声が寄せられるようになり、創業50周年のタイミングで超こってりの販売を決めたといいます。鶏ガラを贅沢に使用したスープは仕上げに刻みタマネギをプラスし、高い濃度とコクのあるスープでありながら、玉ねぎの甘みが加わることで後味は驚くほどすっきりした至福の一杯に仕上がっているそうです」(グルメライター)

 超こってりは「天下一品 総本店」以外の店舗が提供し、並ラーメン限定で大盛り不可、予約不可、持ち帰り不可、割引券・クーポンの利用も不可となっているが、何より各店1日先着5食限定ということにネット上では《これは開店前から並ばないと食べられないやつ。足運んで売り切れてたらショックが大きいから行きづらいな…》《食べてみたいけど会社員には無理ゲーすぎる。土日だけ50食とかにしてくれればいいのに…》《1日5食で先着順はさすがに行く気が失せる。俺はもう諦めた》といった声も見られる。

「超こってりは1月22日から東京・中野店にて1日先着5食限定で先行販売を実施しましたが、開店の2時間くらい前から並んでいる客もいたそうで、店前まで行って引き返した人も多かったようです。1日5食は、なかなかの狭き門。しかも新型コロナウイルスの感染も急増していることから、ファンであっても諦める客は少なくないのでしょう。優先チケットを配るなどすれば、もう少し安心して利用できたとは思いますが…」(前出・グルメライター)

 超こってりスープを味わうためには、相当な天下一品愛を要しそうだ。

(小林洋三)

ライフ