DHC会長の“ヘイト発言”に抗議の声が殺到!

 化粧品販売大手の株式会社DHCの吉田嘉明会長による、度重なる在日コリアンへのヘイト発言に「NO!」と反発する運動が加速している。

 ことの発端は、昨年末にDHC公式オンラインショップに掲載されたあるメッセージにある。このメッセージは自社サプリについての発信であったが、途中からライバル企業であるサントリーについて「CMに起用されているタレントはどういうわけかほぼ全員がコリアン系の日本人です」「DHCは起用タレントをはじめ、すべてが純粋な日本人です」などと主張。

 さらに、5月12日には同サイトに新たな「ヘイト声明」が掲載されネット上が騒然としている。
 
 吉田会長はサイト内で、NHK報道局ディレクターから上記のようなヘイト発言の数々についての取材依頼があったことを明かし、その担当者の名前が「明らかに在日系が好む日本名である」など根拠不明の主張を展開した。さらに「NHKは幹部・アナウンサー・社員のほとんどがコリアン系である」などと綴り、取材の問い合わせがあったことは「NHKの状況を全国民に周知させる絶好の機会」とて記している。NHK出演者のほとんどがコリアン系だと決めつけるような発言をしているが、この根拠は吉田会長いわく「特徴のある名前とつき出たあご、引きしまった小さな口元、何よりも後頭部の絶壁ですぐに見分けがつく」からだそうだ。

 あまりに差別的な声明の発表に、以前よりあるDHC製品の不買運動は過熱。インターネットの署名運動サイトでは「DHC商品のコンビニからの撤去、および同社との取引中止を求めます」というキャンペーンを展開。すでに1万5千人以上が署名活動に賛同している。

(浜野ふみ)

ビジネス